富田の水の更新記録
HomePage
All Log  

2015/3/12  
関東大震災上廻る国内観測史上最大の地震。謹んでお見舞い申し上げます。

 憲法第19条では、「思想及び良心の自由は、

  これを侵してはならない」 としております。


  元総理小泉純一郎が良く言われた言葉。



アメリカ 大統領 共和党・トランプ 大統領 有力 自国保護政策。 



 
加藤苦しめると神 が怒り 大型台風が来る ボタン台風も来る。





 
  神の怒り地震だけではない つぎは核 ミサイルが飛んでくる。北朝鮮より。



 戦後70年、70才以上のお方 3割が中国 生まれ 天皇のライバル中国である、三度の戦争の為。



    三菱 東京FUJ銀行 の頭取1年で頭取交代する。


      「組織の三菱」に異変 何が起きたのか?


    来年は東京UFJ銀行の東京も取り除くと発表される。


お客の・実印偽造・通帳印偽造・株届出印偽造・貸付書類の捏造。


「人の道」が 解らない」ですから裁判も 作文国家と成り下がる。


      日本国家の、参、悪徳・悪党・ とは



日本の三悪とは金融界の東京三菱UFJ銀行 国民の命 実印を偽造して自由に使う。


2・26事件、 昭和天皇、激怒して、青年将校らを非公開・弁護人無しで処刑にする。


   善良な国民を興奮の坩堝に落としいれた、戦争犯罪者。



国民が苦しんだバブルを政府が起こし 天皇資産世界一、壱京を超える資産を作られた。


八咫烏ユダヤ 明治維新・大政奉還して日本の裏の支配権を略奪し、天皇を操り支配する。


裏の支配者 「国籍が無い」 日本人では無い 法律は通らない 全てに自由である。


日本の国家的な根源に関わる基幹産業を、警察、法律、民族と云ったモノの 壁を、


全部超えて独自で動ける組織。立法・司法・行政・が消えている、ゆえんはここにある。


古代エジプトの太陽信仰=悪魔崇拝が、現在の日本の天皇家へと流れ着き、


    天皇家を 最大級の財閥にする。天皇・崇拝は八咫烏鏡と言われる。



ユダヤと天皇家の極秘情報と闇の権力、 古代ユダヤからの日本最古の秘密結社。


一般的には、「日本最古の秘密結社」と言われていますが最古の歴史を誇る日本、


すべては日本から始まったのですから「世界最古の秘密結社」と言えると思います。


日本を裏で操っているのは、八咫烏の裏天皇と言われており日本の政治・経済から、


 警察、医療、メディア、芸能界に至るまですべてを牛耳っている総元締め。


また、この天皇には古くから「八咫烏」という名の護衛団が ついていたようですが、


 これもまた完全なる秘密組織である。 「天皇の八咫烏鏡 毎日の祈祷の神」と言われる。



八咫烏(やたがらす)…古代ユダヤからの日本最古の秘密結社、 



北朝鮮のトップ「金正恩」は、日本の天皇家の血筋ですと言われている。



明治維新で別れる。 悪の天皇は 北朝鮮へ  善の神様は・シンガポールへ。


 


    貧乏国 北朝鮮 核ミサイルの膨大な資金は何処から?。




         自分の首を絞めるのは誰でしょうか?



      共謀罪 成立 裏の闇がやっと 追求出来るか?





   三菱UFJ元行員、着服容疑 客口座から計1.1億円か


     朝日新聞デジタル 5月27日(水)15時52分配信


   国民の命 金融業界 再発防止の為 緊急に取り上げて下さい。



   救わねばならない、日本国の元首(君主368代目)。



     雨もりのあばら家に、住んでいる。



   30数年間のお付き合い。下段に注目して下さい。




お客様の大切な、実印の偽造・株式届出印の偽造・通帳印の偽造・




 貸付書類の捏造・天下の三菱UFJ銀行の行為、最高裁でも勝つ。





       最初の判決は すべて決定する 同僚を守る為。





         日本国民は印鑑が命。





加藤 清を苦しめると 神様が怒る。福島地震・熊本地震・つぎは首都直下型大地震が起きる。









三菱東京UFJ銀行の横浜市内の支店に勤務していた元行員が、


4人の顧客の預金からおよそ1800万円を、


不正に引き出して私的に流用していたとして業務上横領の疑いで逮捕され、


警視庁は、元行員が30人以上の顧客の預金口座から1億1000万円余りを着服していたとみて


捜査しています。


逮捕されたのは、三菱東京UFJ銀行に去年9月まで勤務していた元行員で埼玉県川口市の


奈良田寿容疑者(52)です。


警視庁の調べによりますと、奈良田容疑者は、横浜支店などで顧客

の資産運用などの助言を行う、


「ファイナンシャルプランナー」として勤務していた平成23年からおととしにかけて、担当する4人の


顧客に、定期預金の解約や、金融商品の購入を持ちかけて書類を記入させたうえで、口座から


合わせて1800万円を勝手に引き出して流用したとして業務上横領の疑いが持たれています。


「購入したはずの金融商品が見あたらない」という顧客からの申し立てがきっかけで不正が発覚し、


銀行が去年、奈良田容疑者を懲戒解雇したということで、調べに対し、


容疑を認めているということです。


警視庁は、奈良田容疑者が同じような手口で33人の顧客の預金口座から合わせて1億1000万円


余りを着服し、遊興費などに充てていたとみて捜査しています。


三菱東京UFJ銀行は「元行員が逮捕されたことは誠に申し訳なく、深くおわび申し上げます。


引き続き警察の捜査に全面的に協力して参ります」とコメントしています。



       国家の仕組みから国民が検証。


       国家の秩序が崩壊されている。


     インターネット とは世界の国民が見ている。



三菱UFJ銀行最高益1兆円超える利益・国民を精神的に殺害して何が利益か・・・。




シンガポール建国の父 りー・クアンユー氏 死去される3月23日,徳川の父。



政府は2日の閣議で、昨年3月23日に死去したシンガポールの初代首相。



りー・クアンユー氏を 勲一等旭日桐花大綬章を贈ることを決めたと報道される。




  明治維新より追われてシンガポールに行かれた裏の支配者、徳川。




シンガポール、育成施設に9371ヵ国以上500社が参加する起業家のハブへの存在感。


政府や国立大学の主導で起業家向け育成施設や資金助成・2万8千平方辰良瀉呂法



共同オフィスの建物3棟のほか、500近い新興企業が集う。


    
  「資金が乏しかった僕らには最適だった」




日本の金融業界には絶対出来ない島国根性 自己利益





戦後70歳以下 常識・教養・道徳心・神・仏・が分からない、教える人がいない野生動物にも劣る。


 地震・雷・火事・親父・幼少の頃の父親の教育であり、人の道。


      2014年7月31日(木)


“体罰なき指導”悩む教師たち増える. “挑発”行き詰まる指導




裁判 判例 半世紀前 みそ製造会社の専務宅が全焼し一家4人が遺体で見つかった。



授業員で元プロボクサーの袴田 巌さん(80才)が強盗殺人なぞの容疑で逮捕される無題を主張したが、



死刑を確定し再審請求を繰り返した。 「裁判とは仲間の決定が全て」  再審開始を決定し48年間ぶりに釈放された」




ボタンの掛け違いで、一生監獄暮らし、30才で逮捕されて50年。奪われた時間を誰も補うことは出来ない悲しい出来事。




明治維新を美化されているが きちがい 集団でもある NHK花もゆ見れば良く分かる。




明治維新の検証 全て教える父親が戦争に行った為 人類の道を説く雷・親父がいなくなる。


 
「戦後70年」の検証。明治維新の検証・バブルの検証・裏天皇の検証。


八咫烏とは神武天皇東征のとき、熊野から大和に入る険路の先導となったという。



  以後、天皇と八咫烏は表裏一体となる。



日本の裏の支配者 伏魔殿・八咫烏・ユダヤ・裏の天皇・表裏一体。


 和歌山県 熊野神社に行くと八咫烏がわかる。


  多数の友人を亡くした「バブル」の検証。



一切れのパンを盗んだ男の物語。彼の名は「ジャン・ ヴァルジャン」。


最高の学位を受けても・常識・教養・道徳心・良心が分からない。

日本に「明日」は無い。


 70才以下の人には 殺人以外の「善・悪」は分らない明治維新の、欠陥。


 バブルとは財務省が区域に真面目に生きる・零細企業を全て潰した。


年寄りの自活の商店街をシャッター通りにして職を奪う、これが政治である。


  裁判とは一審が全て最初の判決が全て。同じ同僚を守る為。



        戦後70年の検証。


      明治維新「松下村塾・ヤタガラス」。



         バブルの検証。



  財務省管轄の天下の 三菱銀行、行員全て良心が欠落。



学の仮面をかぶり、お客の・実印偽造・通帳印偽造・株届出印偽造・貸付書類の捏造。



     常識・教養・道徳心・良心のない社員。



         これがバブルの現状。



国民は信用・信頼・する、命の金融・経済の根幹・何を信じればよい。


国民の金融の命・バブルの責任取らずして民主国家とは言えない。



  裁判所にも出さない、貸付書類の捏造、大きく膨らむ。



20数年間の苦痛 平成の松下村塾・吉田松陰にならければ目がさめぬ。



強い者が弱い者を力で振り回す。誰にも信じてもらえない、20数年間。


   財務省・が起こしたバブル 江戸時代より始末が悪い。



   憲法18条 何人もいかなる奴隷的拘束も受けない。



財務省管轄天下の三菱銀行・印鑑偽造の犯罪に因る、20数年間の虐待。


    戦後「70年」戦前の国民の、悲惨な検証。



  政府が起こした中小零細企業の、悲惨な出来事の検証。



零細企業の・倒産・自殺・死亡・のバブル戦争・の解明は印鑑偽造・書類の捏造にある。


    二度と起こしてはならぬ、東アジヤの検証。



 江戸時代からの素晴らしい、日本人の精神も魂が失われて行く。


  若い子供たちの殺人が大きく広がっている現状。


常識・教養・の無い知識人には分からない,警察は殺人のみの世界。


大学卒業して他人の印鑑を「偽造・捏造」するとは犬・畜生にも

劣る。


バブルに起こした。常識人間の日本経済を担う銀行行員の起こし

た卑劣な行動。



本人と保証人に、20数年間の三菱銀行のハラスメント・パワハ

ラの世界。



金融界の雄、三菱銀行のコンプライアンス遵守.綱紀粛正が必須。




「27年4月3日」 今回、新たに分る 経済の根幹をなす株式鑑

届出印の「印鑑偽造」です。



実印・通帳印・株式届出印・の偽造の判明・バブルより貸した・

貸したであるが、


ここまで好き放題すれば貸付書類の捏造も問題なく出来ると思う。



裁判では 何らの証拠も提出しないという相手方の態度は不自然

極まりなく、


5000万円の当座貸越取引など存在しなかったと考えるほかな

いといえる。


それにもかかわらず、原審は、相手方の主張のみを鵜呑みにして、


5000万円の当座貸越取引の存在を認定しているので、あるから、


原審は、高度の経験則に反する事実認定を、行ったと、いわざる

をえない。


20数年間の厳し過ぎる。追及、東京本社より担当者が変われば

門真まで来ての催促。



時効になるので来ているとのこと本社に偽装の貸付書類が残って

いるとしか考えられない。



財務省管轄の三菱ufj銀行 管轄とは権限を持って支配する。貸付

書類調査が最も大切。


他の三銀行に裁判と同時に「重罪」な迷惑を掛けております。三

菱銀行様。


米ニューヨーク州金融サービス局は18日、三菱東京UFJ銀行がイラ

ンなどへの違法取引に関し、

監査法人に圧力をかけて当局に不適切な報告をさせていたとし

て、同行が,

罰金3億1500万ドル(約370億円)を追加で支払うことで和解した

と発表した。(時事通信)






 バブルの裁判、インターネット裁判を、裁判所に 申請済み。



何らの証拠も提出しないという相手方の態度は不自然極まりなく、


   5000万円の当座貸越取引など存在しなかったと、


        考えるほかないといえる。


それにもかかわらず、原審は、相手方の主張のみを鵜呑みにして、


5000万円の当座貸越取引の存在を認定しているので、あるから、


   原審は、高度の経験則に反する事実認定を、


      行ったと、いわざるをえない。


   被告には20数年間の 地獄の苦痛 の判決であった。


   裁判の詳細 本件は銀行の5000万円、貸付け書類、


  支店ぐるみの捏造貸付書類 詐欺であるとしか考えられ無い。


書類が整理されていない保証人の書類に保証人の記名が無い。


    被害者には銀行の白紙書類のみ手元に有る。




「平成27年2月18日」三菱UFj信託銀行株式会社に大末建設の端

株の売却依頼をした時。



届出印の拡大印鑑証明を付けてお届出印と買い取り請求書の印鑑が

相違しておりました。




またお届出のご住所と買い取り請求書のご住所が相違しておりました。


との三菱UFJ信託銀行株式会社からの書類の返却がありました。


届出の印鑑も届出の住所が違っているそんな事は絶対に無いと私

思っておりました。


しかし株券はその後売却しておりました。当社の抵当権の株券も

自由に売却されたと思います。


先の鑑定士の実印・通帳印偽装・と株式の届出印偽装がはっきり

と解りました。



銀行通帳の大きな金額の出し入れは私の記憶にはない金額です。


当時に抵当権の株券を売却すればお金は通帳の様になります。


当時、本人には解らない、家内の何百人に一人の肺胞上皮がんで

私は苦悩の日々でした。


この度、株券届出印の偽造とはバブルの時とはいえ 常識では考

えられない行為。



日本経済を担う銀行員の行為、日本経済を動かしている経済の根幹。


社会経済の何事にも変えられない、経済を揺るがす大きな大罪です。


バブルの時はこんな罪も許しておりました。 私の仲間はすべて

亡くなりました。


私の、家族もばらばらになりました。全て三菱行員の動物にも劣

る行為です。


 通帳の5000万円一日の「出し・入れ」は個人では出来ない支店

ぐるみ。


 定期預金の2000万円〜3000万円あれば本人の記憶の中にある。


 2000万円〜3000万円〜5000万円の履歴を申請するも提出しない。


 通帳は天下の三菱銀行の西山行員に、妻が肺ガン末期「平成3

年4月死亡」の為 良く預ける。


  抵当物件の定期預金は 株券売却益資金と思われる。


  抵当物件の株式担保は裁判で売却・返却したと言われるが、


 銀行からの株券預かり11万(株)「原本」はすべて抵当提出者の

手元に有る 現在もある。


印鑑偽造・書類捏造する行員であれば 抵当株券は印鑑捏造すぐ

売却出来る。


   実印・通帳印には疑問が有るため、裁判始まると、



   前からの疑問である為。プロの鑑定士に直ぐ依頼する。



 完全なる偽造・捏造であり最高裁でも自信を持って証言出来る

と言われた。


     プロの鑑定士の証言評価。

  

大学卒業して他人の印鑑を「偽造・捏造」するとは犬・畜生にも

劣る。


徳川時代であれば 直ぐ切腹される それほど大切な事が解らない。


裁判所では詳細に取り扱ってくれない、裁判長、自己裁定で終る。



裁判始まると裁判長はすぐに入れ替わり 裁判長にこの裁判はと


聞くと、5,000万円「貸したか、貸してないか」の裁判で有り、印


鑑偽造等は関係無いと言われた。


私は印鑑偽造は刑事事件になると確信しておりましたので 裁判

長の返事は意外でした。


 行員の加害者 本人の出頭 要請しても出頭ありませんでした。



     裁判が始まると支店合併して証拠隠滅とする。



資料が無く銀行にある貸付偽装・捏造書類のみ鵜呑みにされた


裁判です。


  書類提出を申し込むとすべて、裁判中である為、 弁護士に

言って下さいと取りあわない。


汗と涙の孫の三菱銀行の預金も略奪する横暴きまわりない行動。


 財務省 管轄の天下の三菱銀行 人道に外れた事をすれば、



  創始者・岩崎弥太郎さんも「墓場」の陰で泣いている。



 豪華な大理石の「三菱銀行大阪支店」の行員も泣いている。



天下の三菱銀行には 非人道的な「日本の裏の支配者ユダヤ」が


 付いている、だからバブルの検証は出来ない。



明治維新が奪った「大政奉還」・(裏の支配権)を検証すればよ

く分かる。


「大政奉還」とは 軒を貸して母屋を盗られる 376代目がよく言

われた言葉。


     裁判不信の為、日本の仕組みを 調査する。



貸付書類・印鑑偽造の為 銀行内の捏造書類のみの提出裁判である。



印鑑偽造は刑事事件であるも、刑事は時効のため駄目と言わる。



被害者は最愛の妻が「肺がん」に犯され3ヶ月の寿命と診断され、



入院・退院を繰り返し、被害者は最悪の時代であった。




    将棋でいえば 角 落ち将棋である。




バブル時代平成3年4月25日 48才の若さでの妻の死亡であった。



被害者の意識不明のスキをついての「仮枠貸し」書類・印鑑偽造

し、


 三菱銀行担当行員「西山」氏に偽装貸出しに利用された事件である。


京橋の三菱銀行より電話するも西山氏は海外転勤との事で話し合い

出来ない。


 海外転勤とは西山氏は賢い銀行員であると思ったと同時に交渉

は遮断された。


  金融界の狂っていたバブルの被害者の偽装裁判です



東京大学の教授でも捏造する時代、銀行行員はすぐ出来る。


 取り上げない裁判はおかしい、同類意識と見なされる。



国民の命金融業界の財務省の貸付偽造と言われても仕方が無い。



裁判詳細。


裁判とは一審判決がすべてである、各弁護士も認識されている。



(裁判とは1審裁判長の「常識・教養・道徳心・心」が最も問われ


る)。


  お客様の「実印偽造・捏造」しても、強い者が勝つ。



 二度としないバブル戦争の捨て石となる為、最高裁裁判へ。



    最高裁も半年後、「受付しない」 仲間を守る為である。





  天下の三菱銀行に「勝つ迄」 死な無い・生き残る。



  裁判以降、金融関係から一切の借り入れは出来ない。




「生物学の常識を覆す」として世界中を驚かせた研究成果はSTAP


細胞論文の偽造。



昔から信用を旨とする、高級ホテル・有名 百貨店・官僚の上級試験


等の偽装反乱。



裁判所・警察・検察・まで偽装・捏造しているのがまかり通ってい


る世の中。


財務省まぜ偽装・捏造とは完全なる明治維新の学の終焉である。


プロが鑑定した実印・通帳印・の印鑑偽造 は常識・教養・道心・



正義感・心・があれば、真面目な零細企業の殺人者であると分か

るはず。


財務省管轄の天下の三菱銀行の行員が起こした行為は「国民の

命」金融業界の自殺行為である。



  やられた方が悪いとは国家の秩序が放棄されている問題。



     バブル戦争・国民・零細企業・の検証。

        
         
  財務省管轄の天下の三菱銀行 2万8000件の違法取引。



  9.8 兆円の違法取引和解金(245億円)支払いで合意。


 6月21日夕刊新聞に掲載。日本から世界にまで違法取引。






天下の三菱銀行、私「加藤清」をいじめると「神 様(大國主)が怒る」



加藤家は墓場に刻まれている。元禄4年からの武士道精神でもある。





天災・地変・大震災・被害が起こる。






冤罪が疑われてきた袴田事件の再審請求がついに認められ、死刑囚の袴田巌氏が即日釈放された。



取り調べ時の暴力や証拠捏造疑惑、世界最長といわれる45年間


以上もの、拘置期間など、あまりに異様な事件の顛末を知るため、いまこそ・・・



裁判とは一審裁判がすべてと言われる 一審の裁判長を守る為、

  すべてを犠牲にして守る これが日本の官僚裁判である。

袴田巌氏 疑惑のみで48年間牢屋に入れられ 人命は地球より重しが分からない。


   常識・教養・道徳心・の欠落、国民が泣かされ続ける。

   不良債権処理の犠牲 26年間の「バブル戦争」の検証。

テレビ放送・バブル期に大手銀行に入行した行員はある会社に、


5億円を融資する事になりこの融資により名誉ある最優良店舗賞


(5.000万円)

を獲得、初受賞。しかし3ヶ月後、融資先のあるスチール会社が


倒産する。
      テレビ・半沢 直樹 正義が勝つ。

     裁判・東京中央銀行 半沢 直樹モデル。

( 裁判の後 証拠 隠滅の為 支店合併をする。証拠が無い、出

せない。三菱)


 国民の命・お客様の「実印偽造・捏造」しても逮捕されない、


金融業界。

暴力団 融資よりまだ悪い 国民の命 実印・銀行印 偽造は。


昔に言われた「世界の常識が日本の非常識」常識・教養の欠落見

本。

三菱東京UFJ銀行員に4億円詐欺された79才資産家女性・週刊誌。

         裁判は三菱勝つ。

財務省管轄の天下の三菱銀行・でっち上げ裁判まかり通る世中。

        吸血鬼でもある。


無慈悲に人を苦しめて利益をしぼり取る 財務省管轄の天下の

三菱銀行。

明治維新後・学はあっても「 心 」が無い。世界には通じ無い。

   300キロ背負い歩いた3年間。20年間の「30倍返し」。

 財務省管轄 天下の三菱東京UFJ銀行とは、


日本の国家的な根源に関わる基幹産業を、警察、法律、民族と


 云ったモノの壁を全部越えて独自で動ける組織。


立法・司法・行政・が消えている、ゆえんはここにあり。


作文国家 裁判して勝ち取れば税金免除・欠損となる。


     作文国家 脱税 国家・の見本。


     菊の紋章がデザインされている。


    ちなみに、現在、世界中を見渡して、


    菊家紋をシンボルにしている一族は、


   ユダヤ人と天皇家以外にはほとんどいない。


  明治維新より 天皇崇拝・「国民を先導する」翼賛体制。


  天皇の金塊資産は 「1京円」 を遥かに凌ぐといわれる。


     国民の・汗・涙・の血税です。


     アメリカ ロスチャイルドを凌ぐ。


   国民を棄民と言われる元始はここにあり。

   国民の為、消費税・値上げ前 検証必須。

          歴史とは。

「一国の人々を抹殺するための最後の段階は、

  その記憶を失わせることである。

  さらにその歴史を消し去った上で、

まったく新しい歴史を捏造し、発明して押し付ければ、

  間もなくその国民、国の現状についても、

その過去についても忘れはじめることにあたるのだろう。」

(ミラン・クンデラ; 清水けい八郎、2007)「大東亜戦争の正体」

      これが現在、日本の世相となりました。

徳川300年まで日本の裏の支配者、神様であった.明治維新ご

日本の裏の支配者、

天皇となりユダヤとなる 維新後、天皇崇拝を国民に押しつけ動

乱時代となる。

その為 戦争検証・バブル検証が出来ない国家となりはてる国とな

る。
      
       インターネット・ 八咫烏・参照。

</font>

財務省管轄の天下の三菱銀行・でっち上げ裁判まかり通る、世の

中。

財務省管轄の天下の三菱銀行が国民の命より大切な印鑑偽造する

も、第一審裁判所がそれを拒否する。



国民はインターネットで抵抗出来るのみ。

   明治維新から学の裁判判例。








平成24年(ネ受)第549号 貸金等請求上告受理申立事件

申立人 加 藤 清

相手方 株式会社三菱東京UFJ銀行

上告受理申立て理由書

平成24年12月27日

最高裁判所 御中

申立人訴訟代理人
弁 護 士  寺  内  清  視
弁 護 士  綾  野  高  謙

上記当事者間の大阪高等裁判所平成24年(ネ受)第549号貸金等請求上告受理申立事件について、
申立人は次のとおり上告受理申立理由を提出する。

上告受理の申立ての理由

第1 用語の説明
   本上告受理申立理由書においては、以下の用語を以下の意味で用いる。
    ・甲1の印影:甲1に顕れている印影
    ・甲1の印章:甲1に顕れている印影に対応する印章
・申立人の実印:申立人が、甲1の作成日付当時に所持していた実印

第2 原判決は高度の経験則違反を行っている
1 主張の骨子
原審及び第一審は、甲1の印影と、申立人の実印の印影は一致するという判断を行っているが、以下で述べるように、この判断は、高度の経験則に違反するものである。
2 印影の同一性の判断方法について
(1)印章を偽造しようとする者は、偽造の対象となる印章の印影と可能な限り同一の印影を持つ印章を作成しようとするのであるから、印章が偽造された場合、偽造された印章の印影の形状と、偽造の対象となった印章の印影の形状は、極めて近似するのが通常である。
    従って、印章の偽造が問題となるような事案の場合、ある書面に顕れた印影の形状と、偽造の対象となった印章の印影の形状が極めて近似していることを前提に、それでもなお印章が偽造されているのかという判断を行う必要がある(両印影が極めて近似していることを理由に印影の同一性を認めてしまうと、およそ偽造が問題となる事例で偽造の判断が行われることはなくなってしまう。)。
(2)上記のような、2つの印影が近似する場合における印章の同一性の判断は、両印影のどのような相違点を、どの程度重視するのかということによって、結論が左右されるものであるが、これらの諸要素の取捨選択及び評価を正しく取捨選択行うためには、印鑑鑑定に関する専門的知見が必要不可欠である。
    従って、印章の同一性が問題になる事案において、印鑑鑑定の専門家による印鑑鑑定書が提出された場合、裁判所は、当該鑑定書に付された意見の中に特別不合理な判断がない限り、当該鑑定書に付された意見を尊重して事実認定を行うべきであり、鑑定書に特別不合理な判断がないにもかかわらずこれと異なる認定を行うことは許されないというべきである。
    そして、上記事実認定に関する法則は、印鑑の偽造が問題になる事案において、事実認定の正確性・妥当性を確保するために不可欠なものなのであるから、上記法則は、高度の経験則を構成するというべきである。
 3 乙1には特別不合理な判断は含まれていない
(1)乙1の作成者は、甲1の印影と、申立人の実印の印影を、肉眼で確認しやすいように等倍率に拡大した上で、両印影の輪郭線や刻字画線のズレ方及び程度を検討している。
上記のような判断方法は、“同一の印章から顕れた印影の形状は、同一になるのが通常である”という一般的な経験則に裏打ちされたものであるため、乙1の作成者が、上記のような判断方法を選択したことには合理性が認められる。
(2)次に、乙1の作成者が、輪郭線や刻字画線のズレを検討した結果、両印影が異なる印章によって顕れているという判断を行った点についても、以下の理由から、合理的な判断であるということができる。
【理由】
    [尚影は、最上点・左端点・最下点を結ぶ左半分の輪郭線がほぼ一致しているにもかかわらず、印影の左半分にある刻字画線にズレが生じているが、同一の印章を用いて押印した場合に、このようなズレが生じることは考えがたい(同一の印章を用いて、輪郭線が一致するように押印した場合、輪郭線の中にある刻字線も一致するはずである。)。
    ⇔尚影の輪郭線は、最上点・左端点・最下点を含む左半分の輪郭線がほぼ一致しているにもかかわらず、右半分の輪郭線が大きくずれているが、このような差異が、押印時の力加減や朱肉のつき具合等の要素から生じたとは考えがたい(印章の最上点・左端点・最下点を紙に押しつけた時点で、印章の全面が紙に接することとなるので、上記3点を含む左半分の輪郭線が一致するのであれば、右半分の輪郭線も一致するはずである。)。
 4 結論
   上記3で述べたように、乙1の作成者による印章の同一性の判断には、特に不合理な点は存在していないため、第1審及び原審は、第1審の判断を尊重し、印章の同一性を否定する判断を行う必要があった。また、仮に、乙1の鑑定書と相反する判断を行うのであれば、少なくとも乙1の作成者を裁判所において取り調べ、乙1の内容に疑義を差し挟む余地があるのかを詳細に検討する必要があった。
   それにもかかわらず、第1審及び原審は、印章の同一性を肯定する判断を行っているのであるから、両者の判断は、高度の経験則に反するものといわざるをえない。

第3 原判決は民法第587条の解釈を誤っている
 1 相手方は、平成9年3月31日に、申立人の口座に対し、5000万円を振り込んでいるが、当該5000万円は、同日中に引き下ろされている(乙3の10)。
   しかし、上記5000万円を引き下ろしたのは申立人ではなく、相手方も、平成23年4月28日付原告準備書面1の第1項において、「原告と被告清との間には、平成9年3月の本件貸付以前に極度額5000万円の当座貸越契約があった。この当座貸越に基づく借入金が、本件貸付の借入金でもって決裁されたものである。」と主張している。
   従って、本件では、“申立人の口座に振り込まれた5000万円は、遅くとも数時間後には相手方の手元に戻っている”という事実について争いがないということができる(この点は、原審も否定をしていない。)。
2 金銭消費貸借契約の成立要件である“金銭その他のものを受け取ること”(民法第587条)が行われたと評価するためには、借主が金銭その他のものについて排他的支配を獲得し、借主がこれらを自由に処分することができる状態が作出される必要があるというべきである。
  ところが、本件では、申立人の口座に振り込まれた5000万円は、僅か数時間後に相手方の手元に戻っているため、この事実関係を前提に上記のような状態が作出されたと評価するためには、「相手方は、申立人の意思に基づいて、申立人の口座に振り込まれた5000万円を自らの手元に戻した。」という事実が認定される必要がある(なぜならば、そのように解しなければ、口座への入出金記録を自由に操作することができる相手方は、金銭を口座に入金後、直ちに出金するという記録上の操作を行うことによって、貸付の実態が伴わない貸金債権を自由に発生させることができてしまうため。)。
   この点、原審は、「本件にあっても、借入金の5000万円は同控訴人の当座貸越契約に基づく債務などの弁済に充てられたと推認するのが相当」という判断を行っているが、「当座貸越契約に基づく債務などの弁済」が誰の意思に基づいて行われたのかを明らかにしていないため、上記判示からは、当該弁済が、申立人の意思に基づいて行われたということを読み取ることができない。
   従って、原審は、申立人の口座に振り込まれた5000万円が相手方の手元に戻ったことが、申立人の意思に基づくものであるかを認定していないといえる(相手方の意思にのみ基づいて弁済を行っても、金銭消費貸借契約は成立しない。)。
   原審は、本件の事実関係を前提に金銭消費貸借契約の成立を認めるのであれば、申立人から相手方への5000万円の移動が、申立人の意思に基づくものであることを明らかにしなければならないにもかかわらず、これが不明な状態で金銭消費貸借契約の成立を認めているため、民法第587条の解釈を誤ったものといえる。

第4 原判決は高度の経験則違反を行っている
 1 問題となる原判決の事実認定
原審は、申立人の口座に振り込まれた5000万円が、僅か数時間後に相手方の手元に戻った点について、「当座貸越契約に基づく債務などの弁済に充てられたと推認するのが相当」との判断を行っているが、以下で述べるように、この判断は、高度の経験則に反するものである。
 2 第1審及び原審での事実経過
   相手方は、第1審の時点から、「当座貸越に基づく借入金が、本件貸付の借入金でもって決裁された」と主張していた(平成23年4月28日付原告準備書面1の1頁参照)。
   これに対し、申立人は、第1審及び原審を通じて、当座貸越によって5000万円もの金銭を借りたことはないと主張し、相手方に対し、当座貸越の取引履歴を開示する等して、申立人が、いつ、どのような取引を行うことにより5000万円もの金銭を借り入れたのかを明らかにするよう求めていた(平成23年9月27日付被告加藤清準備書面(2)の6頁、平成24年7月30日付控訴人清準備書面(1)の2頁参照)。
しかし、相手方は、どういうわけか、第1審及び原審を通じて、取引履歴の提出はおろか、申立人が、当座貸越によって、いつ5000万円もの金銭を借り入れたのかということすら明らかにしなかった。
 3 原判決は高度の経験則違反を行っていること
(1)相手方は当座貸越の内容を証明する必要がある
  本件では、平成9年3月31日に、相手方が5000万円を申立人の口座に振り込んだという事実、及び、当該5000万円が僅か数時間で相手方の手元に戻っているという事実について争いがないが、これらの事実のみでは、実質的な金銭の移動は行われていない。
そのため、上記事実を単独で評価すると、金銭消費貸借契約は成立していない、或いは、金銭消費貸借契約は成立したが直ちに弁済が行われたと評価すべきこととなる。
    従って、本件では、貸金の返還を求める相手方としては、上記の事実関係を前提としてもなお貸金債権を持っていると評価することのできる事情を主張・立証しなければならないこととなる。
    そして、相手方は、このような事情として、申立人との間に5000万円分の当座貸越取引があったことを主張しているのであるから、申立人との間に5000万円分の当座貸越取引があったということは、相手方が証明しなければならない命題であるといえる。
(2)申立人は証拠の提出を求めていた
   上記2で述べたように、申立人は、当座貸越取引によって5000万円を借り入れたという事実を強く否認し、相手方に対し、取引履歴等の証拠を提出し、その内容を明らかにすることを求めていた。
(3)相手方が証拠を提出することは極めて容易である
    相手方は銀行であるため、申立人との間の取引の内容を随時記録しているはずである。
    従って、仮に、相手方が主張するような5000万円分の当座貸越取引が本当に存在していたのであれば、相手方としては、取引履歴等を提出することにより、当該取引の内容を容易に立証することが可能である。
    ところが、相手方は、取引履歴を提出することはおろか、申立人との間の取引内容を明らかにすることすら行っていない。
(4)結論
    相手方は、5000万円の当座貸越取引が存在したということを証明しなければならない立場に置かれているにもかかわらず、当該事実の立証に極めて有効であり、容易に提出することができる取引履歴等の証拠を一切提出していない。
    上記のような事情に加え、本件では、申立人が、取引履歴等の証拠を提出し、当座貸越取引の内容を明確にするよう繰り返し求めていたことを併せて考えると、何らの証拠も提出しないという相手方の態度は不自然極まりなく、5000万円の当座貸越取引など存在しなかったと考えるほかないといえる。
    それにもかかわらず、原審は、相手方の主張のみを鵜呑みにして、5000万円の当座貸越取引の存在を認定しているのであるから、原審は、高度の経験則に反する事実認定を行ったといわざるをえない。
以上








附属書類
1.乙第9号証(申立人の陳述書)
2.乙第10号証(申立人の陳述書)
3.理由要旨を記載した書面



平成24年(ネ受)第549号 貸金等請求上告受理申立事件
申立人 加 藤 清
相手方 株式会社三菱東京UFJ銀行

理由要旨

平成24年12月3日
最高裁判所 御中

申立人訴訟代理人
弁 護 士  寺  内  清  視
弁 護 士  綾  野  高  謙

第1 主張の概要
   申立人の主張の内容は、仝業酬茲、甲1の成立の真正を認めたことは、高度の経験則に反する、原判決が、本件の事実関係をもとに金銭消費貸借契約の成立を認めたことは、民法第587条の解釈を誤ったものである、8業酬茲、5000万円の当座貸越取引の存在を認めたことは、高度の経験則に反するというものである。

第2 ,砲弔い
   本件のように、印鑑の偽造が問題となり、印鑑鑑定の専門家の鑑定書が提出された場合、裁判所は、鑑定書に特に不合理な記述がない限り、当該鑑定書の内容を尊重した判決を行わなければならない。
   上記の法則は、事実認定の適正を確保するためのものであるから、高度の経験則を構成する。
   原判決は、上記の法則に反した事実認定を行っているため、高度の経験則に反する事実認定を行っている。乙1の作成者を取り調べることもなく乙1と相反する判断を行ったことは、著しく不当である。

第3 △砲弔い
   本件の事実関係を前提とした場合、「金銭その他のものを受け取ること」(民法第587条)が行われたと評価するためには、申立人の口座に振り込まれた5000万円が、申立人の意思に基づき相手方の手元に戻ったという事実が存在しなければならない。
   しかし、原審は、上記事実を認定しないまま、金銭消費貸借契約の成立を認めているため、民法第587条の解釈を誤っている。

第4 について
   相手方は、本件の事実関係を前提に、貸金返還請求権があると主張するためには、5000万円の当座貸越取引が存在したことを証明する必要があるが、取引履歴等を提出すれば、容易に証明を行うことができる立場にある。
   それにもかかわらず、相手方は、何らの証拠も提出していない。
   このような相手方の態度からは、5000万円の当座貸越取引など存在しなかったと考えるほかないが、原判決は、当座貸越取引があったという事実認定を行っており、高度の経験則に反する事実認定を行ったと評価せざるをえない。
以上














準備書面1

大阪高等裁判所第11民事部 御中

裁判官     西田 隆祐

裁判所書記官   村越 清子


被控訴人訴訟代理人
弁護士 中 光   弘
弁護士 太 田 浩 之
相手方弁護士


1 株券の差入担保について
平成23年11月10日付け原告準備書面5においてすでに述べたとおり、被告清が平成24年4月13日付け控訴人清の控訴理由書において指摘する株券の現状は以下のとおりである。なお、「返済済み」とは、被控訴人から控訴人清に対してすでに株券を返還していることを意味し、「処分済み」とは、被控訴人にて担保権を実行して株式を売却処分し、その売却代金を貸金債務に充当したことを意味する。

│‖臻建設株式会社 │(1万株) │返却済み │
│中外炉工業株式会社  │(1万株) │返却済み │
│佐藤工業株式会社 │(1万株) │株券保管中 │
│ず監9業株式会社 │原告が預かったものではない │
│ヅ慣建設株式会社 │(1万株) │処分返済み │
│Ω淪侶設株式会社 │(1万株) │返却済み │
│不動建設株式会社 │(1万株) │返却済み │
│┳式会社中山製鋼所 │(1万株) │処分済み │
│佐藤工業株式会社 │(1万株) │株券保管中 │
│佐藤工業株式会社 │(1万株) │株券保管中 │
│不動建設株式会社 │(2万株) │処分済み │

これらの株券は、控訴人清が被控訴人に別に差し入れた銀行取引約定書 1条に規定する取引によって負担する一切の債務の根担保として差し入れられている。したがって、本券貸付も被担保債権の範囲に含まれることになる。
もっとも、被控訴人がなお保管する佐藤工業株式会社の株式(上記)は、すでに無価値となっている。佐藤工業株式会社は、平成14年3月3日に会社更生を申し立て、同年3月31日に更生手続きが開始され、平成15年3月31日に会社更生手続きにおける更正計画の認可決定を受けている。

当方弁護士
第1 被控訴人準備書面1への反論
被控訴人は、控訴人清が、本人尋問の際に当座貸越を行っていたことを自ら認めているため、被控訴人の手元に戻った5,000万円が当座
貸越にかかる借り入れに充当されたことは明かであると主張している。
しかし、控訴人清が争っているのは、当座貸越の存在そのものではなく、当座貸越で借り入れた金額なのであるから、被控訴人の主張は失当と、
いわざるをえない。
被控訴人清が、本当に当座貸越によって5,000万円を借り入れて いたのであれば、上記のような苦しい主張を行わずに、当座貸越の資料を提出すれば済む話である。
被控訴人が、何故、当座貸越の資料の提出を、ここまで頑なに拒むのか、理解に苦しむ。
以上

被告 清の反論
株券差入担保について
担保の株券を売却すれば、本人の意志の確認と売却書類提出が必要です。

本人である私にはその連絡が入っておりません。

連絡も無しに売却事態おかしな話なのに、返却済みで有れば、担保差入れ証書が控訴人の手元にあるのは違反ではありませんか。

株券保管中の株は、全て無価値な佐藤工業であり平成14年3月に倒産された株券である。

倒産された株券の主張で、知的、捏造作文の裁判であることが良く解る。

株券は控訴人以外で処理をされたとしか思われない。返済途中の担保の返却はあり得ない事である。

株券の売却・返還は控訴人には担保差入れ証があり、返還・売却は控訴人に覚えがなく、記憶も無い。
途中の担保解約は子供の幼稚な知的作文である。

銀行は社員の行為の責任は一切関与しないとの事、国民の命の金融です。
人権問題でもある。国民は税金納めて裁判で泣かされる、税金とは何か。
作文国家知的捏造作文で裁判が出来る。知的捏造作文で脱税が出来る国家となる。

尚、控訴人加藤清は銀行枠貸手続きに関与したのみで借入は一切ありません。



銀行からの株券預かり証11万(株)「原本」はすべて株券提出者加藤清の手元に有る 現在もある。


当時のメモが出てきました株券五洋建設1万株・鉄建建設1万株・不動建設1万株。


西山氏信用して事務所にて渡す、立会人(妻房子・弁護士事務局員)とのメモが見つかる本年2月3日。

平成24年8月28日

  加藤 清





一審・ニ審 は20年前の記憶に残る三菱銀行行員との会話のみであります。

証拠書類は一切ありません。 当方には手元にある白紙書類のみです。

銀行は社員の行為の責任は一切関与しないとの事、国民の命の金

融です。

人権問題でもある。国民は税金納めて裁判で泣かされる、税金と

は何か。

作文国家 知的捏造作文で裁判が出来る 知的捏造作文で脱税が

出来る国家となる。

財務省管轄の銀行も、血も涙も無い、金貸しそのものである。

尚、控訴人加藤清は銀行枠貸手続きに関与したのみで借入は一切

ありません。
平成24年9月28日
加藤 清









最高裁裁判長殿
上告書

私、加藤清は旧三菱銀行より貸付金返済に関する起訴を受け、敗訴の結審を受けたものでございます。
裁判長殿におかれましては、「貸したか、貸していないか」が問題との観点から、私が主張する旧三菱銀行の貸付書類の不備、 印鑑偽造の証拠の提出をご検討いただけず、
審議を打ち切られました。
私は結審内容にどうしても納得がいかず、先般上告書を提出いたしました。
その後、旧三菱銀行のさらに下記の規約文言を発見し、その理不尽さに矢も楯もたまらず、上告内容に下記を加えさせていただくことに致しました。
ご一読の上、何卒ご配慮の程をよろしくお願い申し上げます。

下記は、任意返済の枠貸し作成時に財務省管轄の旧三菱銀行から受けとった白紙書類に記されていた文言です。

第3条(免 責)
|簡殄兵取書もしくは担保入替証等の証書の印影を、貴行が債務者または、担保提供者の届け出た印鑑に相当の注意を持って照合し、相違ないと認めて、 取り扱ったときは、それらの証書、印章について偽造、変造、盗用等の事故が、 あっても、これによって生じた損害は債務者または担保提供者の負担とし、証書の記載文言に従って責任を負います。





これが、国民の命ともいうべき大切な財産を預かる財務省管轄の銀行の書類です。
偽造・捏造があっても借り主負担。印鑑偽造・書類の捏造があっても民は文句は言えない。
花の銀行行員は自分の成績向上 には手段を選ばなくて良い。
全てお客の責任負担、裁判になるも出頭しなくても良いという内容です。

バブルの時代、署名・押印・公文書の転写はプロの行員はしたい放題できる状況にあり、そこに第三者の検証はありませんでた。

上記の文言を読めば、銀行書類には「署名・捺印」は恐ろしくていっさいできません。

署名・捺印は国民の自殺行為ともなりかねません。
まさに国家に手厚く保護されている銀行が、自らの特権的な立場を活かし自由自在に振る舞えるということです。

偽造・捏造があっても借り主負担。国民の命である金融書類・印鑑の偽造・捏造があっても行員には責任はないというのです。

バブル経済の時代には署名・押印・公文書の転写による偽造が良く話題になりました。
今では考えられないことですが、銀行の元行員は「私もしまた」と話していました。

今回の裁判に旧三菱銀行の担当行員本人が出頭しない理由はここにあります。

このような事実は、たんに私、加藤清、昌彦父子に降り掛かった問題ではなく、広く国民の安心・安全に関わるものだと考えす。

先般提出させていただいた上告書と併せ、ご検討ご配慮のほどをよろしくお願い申し上げます。

平成24年12月10日
加藤 清





 裁判長殿

 上申書

バブル経済真っ盛りの頃、銀行は融資先を目の色を変えて探しておりました。天下の三菱銀行も例外ではなく、私のような零細企業の所へも「借りてください」「借りてください」と行員が言ってくる時代でした。
私は先輩より「枠貸しが良い」と言われており、三菱銀行の行員に尋ねると「枠貸しでも良い」との返事で5000万円の枠貸しを作りました。

行員の要請通り株券を抵当に提出し、家屋も抵当にいれました。借り入れは私の希望通り任意返済の条件でしたが、書類は白紙のままで、任意返済と書かれた部分に丸印のみ記載されておりました。借入書も白紙書類のみで、私は書類の整備をきちんとお願いしたいと伝えましたが、話が前に進みませんでした。

 私は500万円の融資を申し込みました。しかし、500万円の借り入れ通帳を後日見て、その高い利息に驚き、すぐに書類を取り寄せ解約の申し込みをしました。三菱銀行の行員から白紙の解約書類を貰い提出しましたが、「全額返済しなければ駄目です」と断られました。「全額返済」の意味がよく分からず、以後、「三菱銀行は書類をキチンと扱ってくれないのだ」と不信感が残りました。

 取引銀行は幸福銀行に変わりました。幸福銀行は誠意ある態度で接してくれ、枠貸し3000万円を作りました。幸福銀行は支店長その他、担当行員等は気持ちの良い方ばかりで、いつも当事務所まで足を運んでくださいました。幸福銀行は和歌山地銀出身のため、和歌山人出身の行員が多く、私も和歌山出身のため良心的な付き合いをしてくれました。バブル崩壊後、幸福銀行には自宅を売却して3000万円の枠貸しを返済いたしました。
三菱は大名取引で、ほとんど事務所まで来ることはありませんでした。500万円を返済すれば担保の株券は返却して貰えるものと思っておりました。しかし、返却はなされませんでした。

三菱銀行から借り入れた500万円は、通帳では十分返済されたと思っており、三菱銀行にはもう債権は無い筈なのに「5000万円の返済期日」と督促してくるので、「貸し出した書類の原本を出しなさい」と言って、いつも揉めておりました。白紙解約書類まで貰っている私が再度5000万円を借りるなんてあり得ないことです。
銀行行員は「書類が変わりましたので、前の書類はありません」とも言われました。行員が変わると良く食い違いが起きるため、私は書類に印鑑を押さない時もありました。私は書類がおかしいと思い、ある時「それだったら裁判しなさい」と東京の本店に言いました。それが今回の裁判です。裁判で明らかになると思いました。

私は書類に実印を捺さない時もありましたので、裁判になった時、すぐに私の実印が捺された書類の鑑定を印鑑鑑定士に依頼しました。簡易鑑定書から二度目の本格鑑定に入りました。鑑定士は過去に最高裁でも勝訴した実績を持つ「プロ中のプロ」です。私は裁判で印鑑偽造を訴え、又、鑑定士も証人として呼んで頂けると思っておりましたが、一審判決では取り合っていただけませんでした。

裁判長殿は「この裁判は貸したか、貸していないかの裁判です」と言われました。しかし、「貸したか、貸していないか」を見極める重要な手がかりの一つが、まさに印鑑の真偽ではないでしょうか!!
一審判決では、裁判長が自己流に印鑑鑑定評価し、私が押印したと判断され、しかも当時私と銀行行員でなされた会話が融資を受けた決定打として結審されているのです。裁判に必要な客観的な証拠がありません。

その後、裁判は一審判決が全てと何人かの弁護士様に言われましたものの、納得できない私は他の弁護士事務所に相談に行き、高裁の担当事務員にも納得できない旨を尋ねました所「不満があれば、最高裁に提出してください」と担当事務員の藤田可奈様が親切に費用まで教えてくださり、最高裁の書類を渡してくださいました。

息子の保証人の件ですが、裁判所に提出の原本には、その当時生きておりました妻の保証人の署名・捺印がありません。当時生きていた妻が保証人ならば、署名・捺印があるはずです。私の枠貸しの白紙書類と共に、未完成の書類だと思います。ですから三菱銀行は原本が出せないのです。
三菱銀行の行員は、妻が亡くなり、保証人は長男が相続人ですから引き継いで欲しいとのことでした。それ等の書類は原本に妻の署名・捺印がありません、全てプロの知的誘導偽装書類と思います。私の枠貸し白紙貸付書類もその証明です。今回の裁判で、貸し付け原本なし、保証人の署名・捺印なし、実印・通帳印偽造による偽造書類の作成であることがわかったのです。このような事情で枠貸し書類が未完成と思います。ですから保証人の署名・捺印がないのです。つまり5000万円の貸付はあり得ないのです。

政府が起こしたバブル景気の頃は、他の銀行行員もやることが無茶苦茶でした。書類偽造の作成も日常的にありました。元銀行員からは「何かの時には偽造書類の作成方法も教えますよ」とまで言われたこともありました。

バブル時代はまた、私の片腕として事務を取り仕切ってくれた最愛の妻ががんを患い、会社は厳しい時代でした。貸し付けに対する書類の不備(あえて言わせていただければ不正)は、仕事も生活も過酷な状況に置かれていた私たち家族の混乱に銀行の担当者が乗じたものとも考えられます。我が子供の将来のためにも、5000万円の負債は理不尽です。最高裁まで頑張ります。ご指導ご鞭撻ご協力宜しくお願い致します。将来ある息子にはこれ以上迷惑はかけられません。
以上何卒よろしくお取り計らい頂きます様、お願い申し上げます。

 平成24年11月30日
加藤 清




 裁判長殿

           保証人上申書
          (上記に基づく申請書類)


 私は父母の庇護の元に大学を卒業しました。卒業と同時に母親が亡くなりましたが、その時は就職のことで精神的に苦慮している時でした。そんな折り、父より三菱銀行の借入れ保証人になって欲しいとの説得がありました。母親が亡くなり長男が相続人の為、保証人になりなさいとの父の強い要請でした。全て父に任せることにしました。
 最初は実印の印鑑証明の作成も父が行い、父親が所持しておりました。三菱銀行との打ち合わせも父が行いました。私は学生気質がまだまだ抜けず、世間のことも、父の事業のことも何も分からなかった時代です。
 今回、保証人の原本を見て、そこには「母親の署名・捺印が無い」等々、私には一切責任のないことが分かりました。不当な原本内容に基づく保証人責任については、私は一切承諾することはできません。
 何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

         平成24年11月30日

       加藤 昌彦



亡き妻 房子の一周忌にあたり、

 本日は亡き妻房子の一周忌にあたり、ご多用にもかかわご列席下さいまして遺族一同心よりお礼申し上げます。
時のたつのは早いもので、あれから もう一年、私たちもようやく自分の生活を取り戻したところでございます。
 この一年、私にとっては過去を振り返りながら日々むなしい生活でございました。
妻房子には金銭的には、ずいぶん迷惑をかけました。
一銭もないところから都会に出てきた私との二人三脚だったからです。
 しかし精神的には、苦労をかけない様に気をつけてきたつもりです。
人間は金銭的に苦労すれば成長するけれど、精神的に苦労すれば性格が変わる、と言われていたからです。
お陰様で房子は誰からも好かれ、親しまれておりました。
通夜の晩、そして、告別式には多くの皆様方が最後まで残ってくださった事がその証明だと思います。
 葬儀のご連絡を控えさせていただいた皆様方からは、後々随分お叱りを受けました。
 嫁から妻へ、妻から大地の様な偉大な母親へ。短い人生ではありましたが、
房子は私のところにきて立派に成長し、この世に別れを告げたのだと思います。
本当に良くやってくれたと、私は今でも感謝しています。
私の商売に協力を惜しまなかった妻が、夜遅く自転車で帰る姿を見るたびに、
「店の近くに家が欲しい」と何度思ったかしれませんでした。
それが近くに、借地ですが、家ができ「さあこれから楽をさしてやれる」と思っていた矢先で、残念でなりません。
子供達に「寂しいか」と尋ねたところ、「お父さん、それは寂しいよ」と返ってきた言葉が一番父親としてつらかった。 
 この二年間は皆様方の暖かいお言葉やお手紙、激励のお電話を頂き心の支えとして頑張ってまいりました。
また、ここにおられる二人の事務員さんは、自分の事のように一生懸命に仕事を手伝ってくれました。
本当に感謝しております。
 子供達も、社会に出て一年、やっと世の中のことが分かりかけた時だろうと思います。
今後子供達が立派なお嫁さんをもらうまで、私は親としての責任を果たすつもりです。
私も時期を見て、来てくださるお嫁さんがあれば第二の人生を歩みたく思ってをります。
それがまた子供達に迷惑をかけない人生ではなかろうかとの考えからです。
子供には母親は一人です。良いお姉さんでも良いと思っております。
 以上で妻房子の一周忌に臨んでの、私の気持ちをお話しさせて頂きました。
 本日は本当に有り難う御座いました。厚く厚くお礼申し上げます。
今後共なにとぞよろしくお願い申し上げます。
何もございませんがささやかな食事を囲んで、時間の許す限り賑やかに、お過ごしください。
本日は本当にありがとうございました。


 上記は、平成3年4月25日48歳で亡くなった最愛の妻加藤房子の一周忌での、私から皆様方へのご挨拶の原案です。
先日書類を整理している折りに出てまいりました。
このような境遇にいた私が、旧三菱銀行から5千万円もの大金の借り入れができるでしょうか。
私にはできません。記憶にもない事柄です。
最高裁では一審、二審を踏襲するのみと言われますが、国民の皆様は世界のネットの皆様はいかが思われるでしょうか? 
財務省管轄の天下の三菱銀行の20年間にわたる貸し剥がし・貸し渋りの不当な行為です。
大手業者との戦いは、天が私に味方をしてくれて、相手がつぶれるのを待つのみです。
皆様方のご理解をいただければ幸いです。




 三菱東京UFJ銀行




日本の国家的な根源に関わる基幹産業を、警察、法律、民族と云


ったモノの壁を全部越えて独自で動ける組織。




裁判と同時に他の支店に合併された。資料は出ないと思う。





















          安倍政権。




1 内需拡大 2 憲法改正 3 TPP 4 自衛力強化 5 消費税。




4年間に託す。!




 
 日本が興した侵略戦争「被害は国民」認識の欠落。






 天皇が興した 侵略戦争 「最大の被害者」 国民です。






     国民は侵略戦争 の責任者ではありません。






憲法改正・第一次戦争・第二次戦争・第三次バブル戦争を検証し


た後に、国民が協力する。






  これが日本の常識ある裁判だ。?




日本人の基本・常識・教養・道徳心・正義感が、




        問われている。




国民を震撼させる裁判判決とはどんなに重いか。




 認識されていない、1審の知的作文判決、




 国民を棄民と思っているからわからない。




プロフェショナルの真正な鑑定士が鑑定した、




 実印の印鑑偽造・通帳印偽造の真実の、




 検査採用が最も期待をされましたのが?。




   最も大切な一審の裁判でした。




 印鑑偽造の採点なし 保証人の原本の、




 署名なし 捺印なし 貸しだし原本なし、




 明記されていない、銀行の白紙書類のみ。




 原告の本人の出頭なし、知的書類のみ。




  4人の弁護士が言われました。




  裁判とは「すべて」一審の判決。




  





これで、日本の裁判判決です、これが日本の裁判です。







     これが日本の最高裁裁判判決です。




日本の国家的な根源に関わる基幹産業を、警察、法律、民族と




 云ったモノの壁を全部越えて独自で動ける組織。




日本の裏の組織の支配者とはインターネットで詳しく報道。




  彼は海賊の末裔(まつえい)とも言われている。





平清盛の「まろ」は大切な国民を棄民と思っている。




 国民は義民と思っているも天皇からは棄民と、




     思われている。




   国が起こした第3次バブル戦争とは、




財務省の預金2150兆円・戦後最高の円高が物語っている。




1兆円とは毎日100万円使って3,000年かかると、




    言われております。


 


   日本経済新聞・週刊誌参照。





 明治維新より国民の「屍の山」の中にある、日本。




 300万人以上の戦死の中、国民ひとり一人の問題。





何を旗印に300万人もの国民が命を投げ出したのか?





     日本国家の検証。






ニッポン
     金融力会議 スタート。





  金融・復活へ日本再生・緊急要す。

  


 家計の金融資産は1500兆円に、





   埋蔵金 650兆円と言われる、




  併せて 2150兆円 デフレ政策20年。




 国民を苦しめた バブル経済戦争の預金、




一兆円とは毎日100万円使って3000年要る。




 円高戦後最高 外国より内需拡大の催促、




  「まろ」は 国民生活第1が分からない。




バブル戦争の検証しなければ国民の命、金融が戻らない。



          総理とは、



 自民・民主・総裁選・知的作文のオンパレード、




国民に対する日本人の「武士の魂」が感じられない。







1942年に設立された「翼賛」体制の裏の支配者の検証。




明治維新より国民の「屍」の中に日本がある、




     広島・長崎・沖縄・原爆。




  神が怒り 大災害が 起こら無ければよいが?




 翼賛体制が怖くて、批判しないのが日本の知識人の現状。







内閣総理府にある、宮内庁「総理府」伏魔殿 長期の自民党と、




  つながっている「翼賛」体制の、改革が必須の時代。



 
国民の清き一票が 国民を「棄民」と思われている 時代を切り。




 国民が 一人 ひとり 切り拓く時、次の選挙で・・・・・・




    二度と させない 国民の屍の山。






  明治維新の大政奉還 日本の裏の支配者、




     
    神様から明治天皇となる。





   大政奉還の検証・明治維新の検証。





中国から古代文化の輸入、日本の中国侵略戦争の検証。





  中国に尖閣諸島問題、挑発 再軍備問題のため。




 神・仏 常識・教養・歴史を無くした野蛮な現国家。








   自衛隊の整備・国連整備が大切。





  国民・民意・民・が考え時代を変える時代。






 日米関係あと残り32年、中国、兄弟国、永久的。








140年間続いた 明治維新の終焉 大塩 平八郎 関西から期待する。





 世界の常識が日本の非常識・役人天国・品格が無い。






常識・教養・道徳心・正義・が失われたと昔から言われている。






 国民は般若心経・神道大祓・等でお盆休み供養 致しましょう。





   国民生活 第一 インターネット業界では1位。





 1942年に設立された「翼賛」体制の裏の支配者が、




国民から選ばれた国会議員「小澤 一郎」を(3年間)朝〜晩まで、


 


      「異常」にイジメている。


  
      子供もイジメを見習っている。




      次は「橋下徹」市長イジメ。





マスコミ・メディア・四大新聞・NHK・評論家 等 が撰んだ総理。




管総理大臣・野田総理大臣・問責決議される・総理の資質が無く、



 全て国民に負担がかっている、食糧品 急騰している。




 司法・立法・行政が崩壊されている新聞発表は氷山の一角、




   官僚様は団結力は素晴らしい、一部のみの報道である。




 国民は・自給・自足・の時代、政府に負託する事は出来ない。






  現実の世の中はその、後遺症であり全てを狂わしている。







         
   日本の歴史とは




中国と日本は兄弟国である、




古代文化が物語っている。




天皇と明治維新は自己保身の




ため、日本の歴史を潰した。




その為近隣諸国・世界諸国、




から大きな信用を無くした。




倭国からの日本の歴史を検証、




しなければ、浮かばれない。!







昔から言われている新人類・民主党議員学はあるも何も分からない。


 
3年間の 小沢一郎 リーダ つぶしが現在の世の中の現状、有様。





新人類とは、親の苦労が分からない 先輩の苦労も分からない、






     人の道も分からない、 歴史も分からない。
 




「学」のみの世界、明治維新後の副産物 悲しい日本の姿。





 
世界に恥ずかしい事が 分からない時代。





選挙 アメリカ大統領予備選挙 10万〜100万〜100億円はいる。


昔日本の総理・総裁は60億円と言われた、小沢4億円で潰される。


民主党 リーダを潰して崩壊される。裁判も知的書類であきめくら判決。



金銭欲のマスコミ・メディア・四大新聞・NHK・評論家 等が潰している。




昔から言われている、世界の常識が日本の「非常識」が現在を表している。





 日本人の基本・常識・教養・道徳心・正義感が問われている。




     世界に恥ずかしい事が 分からない時代。





    倭国の千代田城 (江戸城)




     徳川家康公 300年間続く





  明治維新より軍国主義の「翼賛」体制の為で、




  日本は8,000年の尊い歴史も失われた。




  その為、外国より「信用」を失い、外交が、




     出来ない国家となる。





   軒を貸して、母屋が盗られる 江戸城。





地方分権・徳川大名政策・政治の信頼・ 国会移転しかない。





      倭国の千代田城 (江戸城)へ。





 軍国主義の翼賛体制、財務省の切り離しが必須。





  象徴天皇、皇室移転 地震が少ない元の関西へ。





  大阪城 に移転すれば 関西が復活・繁栄する。





天皇の金塊資産は (1京円) を遥かに凌ぐといわれる。





    国民を棄民と言われる検証はここにあり。






  皇居に国会議事堂を・地方分権復活 徳川大名屋敷。






       不正がなくなり・政治家が育つ







  救わねばならない、倭国の元首(君主368代目)、





  雨もりのあばら家に、住んでいる、厳しい環境。





 国民生活第1 国民が早く、気付く事が第1です。





 今、離さなければ 国民に明かりがともらない。







「翼賛選挙」太平洋戦争下の昭和17年(1942)4月の、




東条英機内閣による総選挙、政府が設置した翼賛政治体制協議会の、




推薦候補が議席の 8割を占め、独裁体制が強化された。




 国民はオウム心理教・北朝鮮の様に洗脳された。




「翼賛」とは 天皇を助けて政治を行うこと。力を添えて助ける事。




翼賛選挙直後、挙国一致体制強化を目的に設立された政治組織。




       現在も続生している。




  戦後65年 粛清な統制派を「 粛正 」しなければ、





       近代国家とは言えない。




 民主党 散るのであれば 小沢一郎 切ればよい。




  政権交代の主役を 敵に廻してどうなるか。




      幼稚園生でも良く解る。




三度の自民党 隆盛時の 幹事長 政治の裏表熟知している。



          ただ一人の政治家。



明治維新より日本人は「ご恩を」忘れる国民となる、人類の破滅。





内閣不信任決議案と首相問責決議案を提出する方針を了承した。




7日午後にも衆院に不信任案、参院に問責案を提出する。





民主党の政権運営の破綻が、提案理由なら 反対できない。




新人類政党には 人の気持ちは解らない全てに作文次第でしょうか?




自己保身の為、流れに生きている、無力な「人間」には分からない。



6月29日「官邸デモ」15万人(主催者発表)が参加されたと言われる。




次は 20 万人で無ければ「政府」は国民の気持ちがわから無い。




 伏魔殿 総理官邸の王様、天皇 崇拝のため立ち向かえない。




       悲劇な国民 第二の北朝鮮。




明治維新より 日本人は屍の中にある 徳川時代検証すればよく分かる。





民主党 リーダ を潰すから外野に振り回されている、現執行部幼稚園。



架空の捏造裁判事件でリーダが潰される 裁判所も加担する事件。



伏魔殿 管総理 からの 分断作戦 遂に世論を巻き込んで成功。


 

関西電力・東京電力・も自民・公明・体質が同じ、株主総会で良く分かる。





小沢一郎元代表の奥様のコピーの手紙が衆参の国会議員の



事務所に大量に送付されたと大新聞・マスコミで報道される。



国民の敵、消費税 賛成派の卑劣極まり無いやり方、伏魔殿か


も?。


国民の母まで巻き込む 輩には絶対に政権を任す事は出来ない。




 教養・常識・正義感・が問われる、今まぜに無い政権である。






人権を全く無視するこの国の司法制度の中の,





          捜査と裁判、





  アメリカなら、こんなことは絶対許され無い。




    国際人 であれば わかるはず。






三菱東京UFJ行員、英金利不正関与疑いで調査(読売新聞)10時2分




三菱東京UFJ行員の質の悪さ、日本の国家では出来ないでしょう。







   
最高裁まで税金を納めないと真の判決は、





出ないでしょう!





  小澤一郎様 こんな狂った世の中を粛正するのは貴方です。



9月党首選に立候補して首相となり、世の中「 粛正 」しなければなり



ません、20年間の苦しみに耐えて抜いて、太く大きく成長しました。




 裏の支配者 伏魔殿 民主党を割る またも国民の悲劇。






     6月26日戦いは終わった。





   明日から「真正」民主党復活。




    割れると二度と出来ない。




       政権与党




  
 それが 解るか 民主党 国会議員。




 「幼稚園」 からの学力社会には、 




   人の道は分からない。




 常識・教養・人格・が解らない。








すべてに 裏・表 がある 徳川時代まで300年、武士の世界、



  辰領∋拉杣圈∪鏖个茲蝓¬欺の大政奉還する。



明治維新後は、麻呂の世界、天皇の裏支配者、現在140年の、




 歴史を、検証すればよく分かる、戦火に散った国民を・・・




  徳川時代より大政奉還を受け象徴天皇となるも。




崇拝天皇として国民を導き、国民の屍の中に日本国家が出来る。




  それが解る政治家は 小澤 一郎 貴方です。




     新生 日本の為 最後の挑戦です。




   国民も浮かれないで国家の為 検証しましょう。




日本は神の国 神・仏 復活さして獣の道を供養するのが、




         我が国の基本の道。




    民主党議員 気がつけば良いが・・・・・・・・





    良識ある、民主党議員の団結を祈ります。




   マニフェスト 放棄すれば 政党の自殺行為。




            良心の問題。




良い事も・悪い事も・紙一重・自分の信じる・道を、まっすぐに生きる。





徳川時代であれば切腹の山。




 自然の災害は「叩廚療椶蝓

 


 古代より辰旅顱A茲い和腑ライ、




    自然災害怒らねば良いが。




  徳川「300」年間、見習いましょう。




 日本の国民は 古代・過去 を忘れる去る 民である。




清盛は民をそまつにする、公家の社会、から武士の社会にする。




 「まろ」宮内庁「総理府」伏魔殿 の世界は国民を愚弄する。




    中国・朝鮮・真珠湾攻撃。




 第一次世界大戦 第二次世界大戦 第三次世界大戦。


  「バブル」戦争は「官僚・伏魔殿・宮内庁」。


広島原爆・長崎原爆・沖縄戦争ひめゆりの塔・忘れないでね。 


沖縄大戦後67年 4人に1人が死亡、日本人は屍の中ある。


過去を忘れ去る国民、ですから再び同じ事を繰り返す様である。


一日の自殺者100人、未遂者入れると1000人です、ネット参照


  「まろ」の世界から,脱却 平 清盛 となれ

    
       国民の生活が第一。


清盛は民をそまつにする、公家の社会、から武士の社会にする。



 「まろ」宮内庁「総理府」伏魔殿 の世界は国民を愚弄する。



         日本の歴史!


  日本は世界に類を見ない 8000年の歴史があり、


    神の国と言われ緑豊かな豊穣の国であった。


 神の裏社会 から 徳川時代まで武士の裏社会 になり、


   明治維新より 天皇の裏社会となる。


 明治維新より日本の素晴らしい歴史を抹殺した為に、


外国より信用が無くなり、外交が出来ない「国家」となる。


 明司維新より東京大学が出来て「学」の時代となる。




日本は過去の大戦検証すればよく分かる 日本の豊満世界は過去のもの、


        有識者にはまだ分からない。



口先大学生 心は小学生 常識・教養・正義感・が分からない。




公家 の世界は天皇の世界 国会の頂上に住んでいるから 反発出来ない。



       

 未来の日本の為に・・・・





  三度の無実の裁判もオモチャにする世の中。


 専門家のプロフェッショナルを冒涜する者であり、


命を賭けたプロの、判断 判決 鑑定 は「 粛正 」である。





マスコミ・メディア・NHK・評論家が自己保身の為,サクラとなり


  政治・世間を動かしているとしか思えない。





    新藤兼人映画監督 見習いましょう。




  国民生活第一 ミャンマーのスー・チーさんの様に、
 


     平成の 平 清盛が抹殺されている。



指揮権発動の検討が明らかになるのも異例で、論議を呼びそうだ。

法相の指揮権は検察庁法に規定され、「個々の事件の取り調べや

処分については検事総長のみを指揮する事が出来る」と定められる。

検察の暴走や行き過ぎに歯止めをかける一方で、捜査現場への


不当な政治介入を防ぐのが目的である。検事の虚偽操作報告書は・・・


2年余りのマスコミ・メディア・大新聞・NHK・の追求で捜査報告


の問題は、如何されようとしているのでしょう 官僚様は一心同体です。




宮内庁 伏魔殿【内閣府設置法 48条・総理府】国会議事堂5階に、


 マスコミ・メディア・大新聞・NHK・が洗脳されている。


戦前の時代の様に、粛清な統制派に洗脳されているとしか思われない。


 総理府 宮内庁長官 7年間で10億円の荒稼ぎ、新聞に出ている。

 
   
  民と零細企業を いじめる「国家・宮内庁」。家賃も払えない時代。





昔は不況の時代は「内需拡大」の「大合唱」民主党にはそれがない。





  こんな国に誰がした。







行員の1人の知的書類の暴力裁判が大きな問題となるでしょう。




  
     今年は自己を磨く 「神」 との 絆。



   今年は民が自立する時、 悪の支配者から。



 官僚様が思われる「民の賤民の組織」から抜け出す時。



作文次第の国家 知的書類で貸し剥がし追求、民を追い詰める。





 民主党とは プロレスと同じ規律が出来ない、青二歳。



今回が政治の「いろは」の学びでは無いでしょうか若い屁理屈では無いでしょう。



 自民との合併 オモチャにされる 指導者が居ない。






  壱内閣 「一仕事」 「消費税は認めましょう」今迄の


     自・公・の飽満経営で国民が負担となる。


次ぎの内閣は最も厳しい 「行政改革」 支持者の多い党首で、


  大胆なリーダで改革しましょう、民主党も復活。


 裏の支配者 伏魔殿 に立ち向かえる人 平成の「平 清盛」。


民主党の復活の為に 「俺がやらなければ誰がやる」 強い精神力で。



内閣府「伏魔殿」東大の超秀才の5名が国民不在の舵を取ると言われている。




      舵をとる 政治家が出てほしい。 









大阪地方裁判所第11民事部


             受付 23年8月23日


   20年間、政府の、貸しはがし・貸ししぶり・の実態。



      国民を死に目にあわした、バブルの実態。




        金融業界 最大の大事件 発生。


  バブル戦争で金融業界プライド・魂・誇りをなくした。


    政府が起こしたバブル経済戦争は坂の上の雲です。


     三権分立も いよいよ おかしくなってきた。


  この大事件に於いて、国民の魂 金融業界の粛正が必須の時。


 作文次第の国家 知的書類で貸し剥がし追求、民を追い詰める。


   NHK委託会社の社員、受信契約書を偽造、5月14日。


内閣府「伏魔殿」東大の超秀才の5名が国民不在の舵を取ると言われている。



        舵を取る政治家が出てほしい。





 18年間のデフレ政策 国民を苦しめた日銀に、


預けた銀行の預金が 340兆円 とテレビで放送される。






      
 大阪高等裁判所 御中   控訴理由書



弁護士様

御世話様になります。
自己主張で申し訳ありません、宜しく御願い致します。

最初の枠貸し作り5000万円の原本が必須です。
貸し付け書類が無くして判決は違法と思います。
現在の異常な 隠蔽・偽造・捏造・代筆・疑惑・改ざん・
 の時代。
元主任検事・元特捜部長でも隠蔽する時代。
天下の三菱銀行・監督財務省・も信用出来ない時代です。
世の中 見ればバカでも解る時代。
株券の処理書類も必須です。

裁判は本件の原始の原本がない、貸し付けであれば時効でも
 原本はある。
 最初から原本は再三追求するも、原本はありません。出しませ ん。
 また保証人の原本もなし。保証人は途中から作文で裁判でも
 追及されている。

 貸し剥がし請求は書類の 知的暴力であり、ヤクザ、顔負けのいじめです。
 保証人の孫の積立金まで剥奪する、はしたなーい行為。


実印偽造のプロの鑑定士が判決で鑑定を否定されるとすべてのプロの 裁定が否定されたことになります。これでは裁判判決も否定されます。
プロの将棋やプロのスポーツ選手と、アマチュア選手の実力に大差が ありますのは、何故か。ですから素人には裁定出来ません。
訴状に載せなければ意味がありません、被告清の強い希望です。

当社の鑑定は二度もしている。 是非とも取り上げて下さい。
最高裁です、貸し付け原本もありませんでした。

20年前のバブル時代、私は三菱銀行門真支店で5000万円の貸出し、 枠作りをしました。大手企業の信用枠貸し作りです。
三菱銀行の枠作りが貸し出した、との裁判です。

上記の様に本人の出頭、及び原本の資料がありません。
これで裁判判決です。すべて書類は偽装書類の裁判長の判決です。
天下の東京三菱銀行の行為です。
これが先進国、財務省、管轄のトップ三菱銀行の、恥ずかしい行為です。
こんな作文書類が通用して、プロの印鑑鑑定士が鑑定した実印偽造・通帳印
偽造、取り上げない判決です。裁判判決もプロではないと思います。

裁判は信用できない。国民も信用していないと思います。
裁判とは高額な印紙代も国の作戦です。



裁判とは相手の息の根を止める卑劣な行いです。


 裁判長とは常識・教養・道徳心・正義感に、


秀でた人が裁判長です、学のみではありません。


  同僚の右えならえではありません。




世界に訴える事しか、正義の裁判は出来ない国民です。
このままでは、まもなく第二の北朝鮮となるでしょう。
経済大国から脱落する時代となるでしょう。

以上宜しく、参考にして頂き御願い致します。
控訴を進めて下さい。宜しく御願い致します。



反論

本件控訴裁判は 原本も無く 金融のプロが「無知な消費者」を
だまし 途中でプロが書き上げた作文で裁判をする一切信用
出来ない無効である。

実印偽造 通帳印偽造 プロの鑑定人が真正印鑑鑑定を素人が、
無知な講釈を付けて鑑定資料に適さないとする申し開き。

株式担保書類は原本が当方にあるも 返却したと言われる。
膨大な株式担保物件は本人の承諾の元に返却書類の提出がいる。

保証人に対する件、原本の保証人は書類に筆跡無し 印鑑印のみ。
 
第二の保証人は金融のプロが相続人であると無知な学生上がりの長男をだまし、

保証書の知的作文書類を作成して主張する。

この様な裁判をただちに控訴を棄却されたいとの申し出である。

天下の三菱銀行がする事ですか 世界にも恥ずかしい・・・・・・






大阪高等裁判所 御中   控訴理由書

第4 株式について
1 被控訴人は株式を返却していない。
被告清は、原告からの求めに応じ、枠貸し取引の担保として、以下の株式を提供している。

‖臻建設株式会社   1万株(乙2の1)
中外炉工業株式会社  1万株(乙2の1)
佐藤工業株式会社   1万株(乙2の1)
ず監9業株式会社   1万株(乙2の2)
ヅ慣建設株式会社   1万株(乙2の2)
Ω淪侶設株式会社   1万株(乙2の2)
不動産建設株式会社  1万株(乙2の2)
中山製鋼所      1万株(乙2の3)
佐藤工業株式会社   1万株(乙2の3)
佐藤工業株式会社   1万株(乙2の4)
不動建設株式会社   1万株(乙2の5)

これに対し、被控訴人は、上記´↓ΝГ粒式を返却したと主張しているものの(平成23年11月10日付原告準備書面5の2頁)、これらの株式を返却したことを証明する証拠を何ら提出していない。
しかし、被控訴人は、株式を預かる際、乙2の1〜5のような預り証を作成している。また、被控訴人は、上記Г粒式を返却した際は、乙2の2の内戻記録を作成している。従って、被控訴人が株式を返却したにもかかわらず、何らの書面も作成しなかったという事態が発生することは、考えがたいというべきである。
従って、被控訴人が、上記´↓ΝГ粒式を返却したことを証明する証拠を何ら提出していないことは、端的に、被控訴人が上記株式を返却していないことを意味するといえる。


2  被控訴人の担当者は勝手に株式を預かっている
上記い粒式については、乙2の2に、「佐藤工業 1万株 西山」という記載が行われているにもかかわらず、被控訴人は、当該株式を預かっていないと主張している(平成23年11月10日付原告準備書面5の3頁)。
上記の事実が意味するのは、被控訴人の担当者である西山という人物は、控訴人清から預かった佐藤工業の株式を、私的に管理ないし処分していたということである。

3  結論
上記1、2で示したとおり、被控訴人の担当者は、銀行ぐるみで、或いは、単独で、控訴人清が差し入れた株式を自分達のものにしてしまっている。この事実は、被控訴人の担当者が、5000万円を貸つけてもいないのに、甲1等の書面を偽造したという事実を推認するものである。
また、被控訴人は、上記´↓ΝГ粒式及び佐藤工業株式会社の株式を返却していないのであるから、これらの株式の清算を行うべきである。
以上

上記担保受取証、納入時の会社四季報からの計算では、
株価総額時価 金1億6千6百9拾万円の担保物件である。
貸したと言われるのであれば、十分精算出来ると思っていた。
裁判しなければ印鑑偽造も解らない、 原本は最初からない。
平成24年3月30日
加藤 清

 

以上三菱銀行従業員1001名の良心が問われる。



   民の命・金融機関の問題でもある。



                  
              裁判とは


 法は大河の様に寛大であるべきで全体を生かす、


 ものでなければならないと言われております。



三菱銀行へ元始 提出書類について

法は大河のように寛大であるべきで全体を生かすものでなければならない、と言われております。
解決するまで多くの裁判は長期にかかります。
その間に裁判に巻き込まれた当事者、事業体は体力が続かず、少なからず倒れてしまいます。
結果として潤沢な資金、体力のある大企業に有利に働きます。
しかし、国民の汗と涙の税金で国民を裁く裁判とは、平等・公平の精神が何よりも肝要です。
すべての事件には【背景】があり、それらを解決しなければなりません。
国民の幸福を守る最高機関、裁判所と裁判自体に常識・教養・道徳心が、積み重ねられれば、多くの事件はすぐに解決致します。

私、加藤清を債務不履行の犯罪人にする為に裁判に提出されている、書類等に多大な疑心があり、多くの方々に周知いただく為に、その疑問点の幾つかを被告の名誉回復のために記載いたします。

1. このたびの被告、加藤住宅代表加藤清の三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)からの最初の借り入れ書類には、保証人の氏名・押印がなく、印紙の丸印のみです。借入書類には保証人の署名と捺印があってこそ正式な書類であると思います。

2. 借入書類と白紙借入書類が同じ筆跡書類です。三菱銀行の白紙書類が借り主の手元にあるのは、行員が回収していないということです。
その他の白紙書類も私の手元に残されたままであるのは、あるいは行員の、違反行為による良心の自責のために回収出来ないのではないでしょうか。

3.  提出書類の実印の氏名の「上下逆さまの押印」は第三者の押印であり、本人のものではない、証拠です。本人は相手に失礼になることを知っているので、逆さまには絶対に押しません。
提出書類の「上下逆さま」の押印は本人であればあり得ないものであり、刻まれた文字が判読出来ない第三者の押印である証拠です。
命の実印とは印が無いのはよく見て押印しなさいとの事です。


4. 偽装・捏造の書類の一人歩きを許した、実印・銀行通帳印・の偽造・捏造・は、印鑑鑑定で証明されています。今回依頼したのは最高裁でも勝訴された実績をもつ鑑定人で、何処にでも出向く自信があると言われております。

5. 三菱銀行に対し、私は絶大なる信用を抱いておりました。ですから、ある時払いの催促なしで、利息を払えば何時までも借りられるという【信用枠貸】の書類にある【任意返済】に行員が丸印をされたので私が承諾致しました。
銀行行員の置いて行かれた、丸印のついた白紙書類が証明しております。

三菱銀行大阪支店内の豪華な大理石、京阪区域で2支店のみの東京の、大銀行より「お金を借りて下さいとの要請」です。
古い友人より教えられていた、大企業の銀行の借り入れ要領です。
利息払いでよい【信用枠作り】を申し込み、三菱銀行より承諾されました。

しかし、私には苦楽を共にした妻が平成3年4月25日に「肺胞上皮癌」と言う、肺の上皮に無数のガンが発生する、1万人に1人といわれる不治病に伏し永眠致しました。心身ともに大変な時代でした。

6. 当時はバブルの時期で、弱小個人事業者の私を冷静に観察すれば、【枠作り】 5000万円也の申し出はされなかったと思います。
それでも私には自宅抵当権3500万円、田中角栄総理の、列島改造論で死に体となった、建設株に注目して安く買い入れた多大な株券がありました。
4日で現金となる株券12万株を担保に出しました。
「天下の三菱 銀行ならば」と、当時私には、証券会社より信用・安心であると思っておりました。

しかし今回、自身の銀行通帳の高額なお金の出し入れに裁判になり、初めて目を通しました。  
夥しい回数の1日の高額な出し入れ平成2年からある当社の所得税の確定申告書からは考えられない高額な通帳の出し入れ、高額な定期預金、証券類の多額な項目、これらを勘案すると偽造された私の実印、銀行印をほしいままに使用できる第三者の記帳としか考えられません。

7. 沢山の枠貸しの状態であり、妻の病気で錯乱状態の私を相手にしていた行員さまには、魔がさしてもおかしくない状況でありました。 
私も途中で株券の配当がこなくなるのはおかしいと思い、京橋支店より担当者を電話で尋ねると海外に転勤されたと言われました。
これは明治不動産と同じ、担当者がくるくる変わる【手付け金詐欺】と同じことになってしまったと、実は半分諦めておりました。

その後、金融業界とは利息ではなく、相手を潰して担保・抵当権で大きくなる業界であると、ある銀行の支店長に言われました。政府公認の銀行といえども悪質極まりないと思います。
長く続く不況で【国民の命】を支える金融改革が必須の時、神様が私に与えられた試練に耐える為に闘います。

預けた時の株券の12万株【預かり証あり】返済金・利息の支払い・定期預金の解約金等、私の預け金の返済を求めます。国民の権利の主張です。
今回の事件では、私どもの小さな会社をバックアップしてくださっている他の銀行様にも、支払い中止の多大なご迷惑をかけております。

私の場合、貸し剥がし・貸し渋りに直面し、国家の国民の金融公庫が、世界のモンドセレクションで大金賞を頂いた、名水販売にも、20年間一切、融資を頂けない、貸し渋りにあっております。
三菱銀行から、ブラックリストの申請が出ているのではないかと疑ってしまいます。

民の国民金融公庫とは民の夢と希望に燃える経営者に命の金融に協力して、税を上げ、国家を守る、金融機関の基本が崩壊されていると憂います。
当社の20年間の回転資金・事業資金の苦しみは不況の為ではありません。
今回の裁判が物語っております。
     
私には兄弟で開発しました、名水世界のモンドセレクションの10年連続大金賞受賞、併せて国際最高品質賞受賞に輝く【富田の水】世の中に出す使命があります。
また 国家の農林水産省・経済産業省、他各省より予算を頂き、日本水道協会より認証登録された浄水器【マインタイト製品】を世の中に送り出す使命があります。

私の被告の意中をくみ取り、裁判の早期、心ある解決を宜しく御願いいたします。
国民の命の金融 金融業界の銀行会長三菱銀行 永易 克典 社長にお伝え下さい。

平成23年10月28日
                     加藤 清



裁判の検証

 政治も経済も視界明澄とは言えない、あらゆる分野で激変の予感がただよう中で新しい年を迎えました。子や孫に囲まれて貧しいながらも心楽しい余生を送りたいとの願いもかなわず、老体にむち打って裁判の被告席に立つ私、加藤清にとりましても、本年は大きな変化の年になることと覚悟しております。

日本人にとって極めて大切な実印と通帳印の偽造,5000万円もの大金を、融資したと訴えながら貸し付け原本がないと言う摩訶不思議、私に貸し付けの実務を行ったはずの当事者の行員の不出頭、本人ならばあり得ない実印の、上下反対の押印書類。保証人の氏名・捺印の無い書類。それらは天下の大銀行が、その権威を傘に貧しく弱い小市民の幸福を踏みにじる狂気の沙汰、破廉恥の極みと言っても過言ではありません。知能犯も横行された事と
思います。

 しかし、バブルの時代はそんな狂気、破廉恥が当たり前に見えた異常な時代でもありました。

 当時私が営んでおりましたのは小さなガレージを改造した家賃管理業でした。一人が出かけると留守番がいないため、妻と二人で時間を案配し合ってなんとか日々の糧を得ておりました。 
サービス業のはしくれに属する私の商いに、多大な先行投資・運転資金の必要はなく、さほど大きな融資は必要ありませんでた。

 事務の妻は 入・退院・死亡(平成3年4月25日永眠)。今回、裁判になり私名義の通帳みて、その大金の出し入れに心底驚いております。また信用枠貸しの担保として差し出した12万株の株券の移動は旧三菱銀行の越権行為ではないでしょうか。

 枠作り5.000万円の原本の書類も存在しませんし、当初から書類は見ておりません。
私からも三菱東京UFJ銀行門真支店次長兼お客さまサービス担当の課長・笹垣直哉様に書類での提出の申し込みをしました。
裁判の事をふまえ十分に話し合い、日にちを指定して申し込みました。  銀行が言われる株券12万株の返却は 銀行より発行された担保差入れ証の原本が私の手元にあります。

銀行の株券12万株(有価証券担保差入証書類受領時の評価額は
1億6千6百拾9万円也)となり担保資産乱用であります。
原本差入証すべて手元にあります。売却済みであると思われます。

 株券の配当が来なくなり京橋支店より担当者を呼び出すも、海外に転勤の為いない、事件の本人の出頭がないため、裁判でも話し合いもできません。
5.000万円枠作りの書類の提出を再三銀行に申し込むも提出されません。

まさに無い無いづくしの裁判で、これは最初から銀行が仕組んだ罠ではないでしょうか 書類が一切出さないのは何故でしょう。
権力行使の為でしょうか?
 
 バブルの時代 不動産業も繁栄しておりました。私どもの主銀行は幸福銀行守口支店で、3.000万円の借り入れの際には支店長及び担当行員が頻繁に来店されました。月末通帳残額増額の為、月末2日程付き合いのつもりで、一時、借りの協力も致しました。正直に申し上げて、加藤清の商いにとりましては幸福銀行さんのご融資で必要充分でありました。

 旧三菱銀行は20年間にわたり、行員が変わるたび時には丁重に、時には厳しく、貸しはがしの圧力を私にかけ続けてきまた。


 その圧力に耐えられず、裁判を私から申し立てました。
裁判で解った事は提出書類の改竄、実印の偽造・通帳印の偽造、書類の転載・代筆、保証人の覧の白紙、印紙の割印の丸印のみ、枠がしの原本の書類の提出なし、事件の本人の出頭なし等々、
一介の小市民を馬鹿にした、天下の大銀行の傍若無人ぶりです。


 この度NHKで放送された「坂の上の雲(203高地)」で戦争を起こした明治天皇の前で、乃木希典陸軍大尉が自分の指揮で何百人もの国民の尊い命を 亡くしたと、自責の念で号泣する
姿が脳裏に焼き付きました。

今回の政府が興したバブル戦争、中・小・零細企業を潰し国民の命を奪った、金融事情の混乱は乃木希典陸軍大尉に匹敵する残虐行為であると実感しております。

 私の友達の多くが、銀行からの貸しはがし、貸し渋りにさらされるなかで、無念の死をとげました。この裁判を通し、私は貸しはがし、貸し渋りの糾明にお役に立ちたく思います。
これを検証して国民の命と生活を支える、 真の金融回復にお役に立ちたく思います。


20年前より「貸し渋り・貸しはがし 政府機関の実態


私が訴えたいこと(真実の主張)(平成23年(ワ)第1991号)8月22日


年号が平成に変わった初期の頃、文字通り零細企業の加藤住宅は、二人の子供を育て上げ苦楽を共にした最高の分身、妻・加藤房子が肺癌に侵され 余命幾ばくもないと宣告され、片腕以上の存在をもがれた経営者である私、加藤清は心身共に疲れ果てておりました。

妻の存在感は非常に大きく、零細企業の夫婦では妻がかけると将棋で言えば飛車・角の角落ちのような心もとない状態であります。
 
政治家と官僚の関係で言えば、官僚様がかけると行政が立ちゆかなく同じであります。

今回被告の座にいる私から言わせていただければ、本係争はバブルの時代に金融のプロである銀行行員が自身の業績を上げるために、仕組んだ罠であると断言いたします。
この主張には、根拠があります。

この根拠を提示する前に、天下の大銀行の一行員の不正な押印が、日々をつつましく、楽しく生きようとする市民の人生をいかにずたずたにしたか!

私共がこうむった苦痛をご理解いただきたいと存じます。
それなくしては、亡くなった妻、妻の死後  連帯保証人として泥沼に巻きこまれ、神経症に陥った我が子、 そして20年間にわたって地獄の苦しみを、味わってきた、私自身、無念で、死んでも死に切れません。

妻は平成3年4月25日に「肺胞上皮癌」と言う、肺の上皮に無数のガンが発生する、1万人に1人といわれる病で永眠致しました。自宅のある村には古い厳しいしきたりがあり、子供もまだ学生で世の中のことは分からず、父親たる私はおろおろするばかりでした。

私と妻との小さい事業はバブル景気に浮かれる周りの世界とは掛け離れた時代、妻亡き後の新人の事務員で大変心細い状態でした。

私共の通帳に記された多額の入出金は、それを見た誰もが疑念を抱く不自然極まりないものです。裁判になり改めて20年前の通帳を見て、私自身が非常に驚いているのが現状です。

実印・通帳が同一であればどんな事でもなし得ると思いました。
現在はやりの擬装・捏造であれば如何でしょうか。
裁判になり、夜中に目を覚ますと、当時の記憶が鮮明に蘇ります。

三菱銀行が加藤住宅に承認した融資枠作りの規模は5,000万円でしたが、私は平成5年にその枠取りの内500万円を申し込みました。
その時の通帳を見て500万円の借り入れに対する高額な利息に驚き、これではとても借り入れは出来ないと、断念しました。

私は直ぐに解約の手続きをしましたが銀行員は解約の書類を取りに来てくれませんでした。借り入れに関する書類も一切いただけませんでしたので、行員から通帳のコピーをもらいました。
通帳は三菱銀行の行員が直ぐ必要とのことでしたので、行員に預けておりました。

担保として手持ちの株を余分に預けましたのは、枠取りのためと言う、行員の要請であり、私の天下の三菱銀行への厚い信用があり行員の言葉は強いものです。

当時の加藤住宅の借り入れは幸福銀行守口支店の3,000万円と国民金融公庫の800万円です。それ以外は公共事業資産の大阪府の買い上げ資産27.941.100円也のお金です。
零細企業には十分のお金です。それ以上の融資を受ける必要は全くありませんでした。
三菱銀行の言われる5,000万円は絶対に借り入れていないと断言出来ます。
借り入れがあると言うのなら「現金の授受の証明を見せて下さい」とお願いいたしました。私には通帳の高額な出し入れは無縁でした。高額な定期預金もありませんでした。

天下の三菱銀行の行員が無知な消費者を利用して、当座貸越専用口座を開設し金融取引のリスクを利用して、商法の命である「実印」まで擬造・捏造して貸借を繰り返し、相手を路頭に迷わす前田元検事の事件にも匹敵する大きな罪であります。

バブルの貸し手責任の正体の追求なしでは語れない重大な行為であるため、裁判にて厳しく糾弾しなければならないと私は思っております。

命とも言われる実印を擬装して行員の成績促進の書類を作成すれば、 その犯罪は国家滅失に繋がるものだと思います。教養・常識・道徳心・歴史・神仏への敬意が失われた、現代の世相の不幸な反映とも申せましょう。

まさに道徳の衰退が、結局は国家を滅亡に導くのです。

金融業界最大手のプロが無知な素人を、自己の利益誘導のために、借り手の精神状態をも無視して、サインをさせたものが全てに優先される仕組みとは、文化国家の産物とはいえません。
最低国家であり国家試験を侮辱して、ないがしろにするものであります。

この裁判を機に、バブルまで崇拝していた銀行の貸し手責任を
徹底的に追求し、 銀行とのやりとりで心身をすり減らして亡くなった、沢山の友人の為にも私は立ち上がりたいと思います。

私は昭和50年度前より株式に興味があり、実質50年間の経験があります。株式は先輩のすすめで始めました。
現物取引で他人様には迷惑をかけない、自己責任である株式、
長く持てば自己の利益にもなり財産ともなるといわれる株式す。 株式・不動産・現金を持つことが最も大切な自己保身術と言われる時代でした。

株取引によって政治・経済・社会・教養・常識等の体得が必要に迫られるので、非常に勉強になりました。ヨーロッパでは小学生から株式を教えていると言われております。
その点、日本は10年遅れているとも言われております。

私は枠貸で銀行側のいう負債があるのであれば(私は絶対に無いと思う)、枠作りに多大な株式の抵当権を入れた株と相殺出来ると
思って、おりました。枠づくりには行員も動きましたが、
その時、私が借り入れたのは500万円です。貸し付けたと言われるのは、プロの陰謀である。
銀行行員が所持しているはずの通帳の提出を求めたいと思います。

行員様からは借り入れ書類は一切出して頂けませんでした。

20年前の資料の原本なくして、常識的に考えて裁判に取り組む事が出来るのでしょうか。平成9年に担保なしで5,000万円の大金を書類一枚で貸し出したという非常識が、裁判で通用すると言うのなら、それは虚偽記載の報告であって証拠としては程遠いものです。

全てのものには、過去・現代・未来があり現在も続いております。会社も個人も大・小 問わずあります。書類もそうです。過去を伏せて事実認定なくして法律の司法裁判が出来るのでしょうか。作文ではなく、事実認定が問われて初めて判決が下りると思います。

 業界大手の明治不動産の手付金詐欺が過去にあり業界では有名です。お客様は明治生命の不動産部として信用されたのです。
その為、不動産業界は長く信用を失ってしまいました。
(何かあれば明治不動産の残党といつまでも言われました)

負債があれば証拠書類として何年も残しておくことが努めです。書類のみの裁判ではなく、すべて原本を照合し、関係した、
人物を呼ぶべきです。
事件とは本人しか解らないものです。すべての事件の解決ができるのは本人のみです。 書類ではありません。

人間様には魔がさすと言われ、完璧な人間は存在致しません。
だから生身の人間と言われるのです。

大銀行のエリート社員であっても例外ではありません。教育の現職の副校長が自身の学歴書類を東大卒と偽造し、証明書を提出したと話題になりました。
絶対にしてはならない、現職の警察官が婦女暴行・万引きする。それも魔がさしたと言われるのです。

私が持っていた膨大な株券(12万株) 5.000万円の枠作、
自宅の3500万円の根抵当権、バブルの世相、最愛の妻を
失って精神不安定の顧客、それらを前にした行員に魔がさしてもおかしくない状況がありました。

組織ぐるみの疑いが更に強まりました。当社では真実の追求に
邁進します。
天下の横綱が八百長相撲で優勝すれば、国技の相撲協会はどうなるのでしょう。天下の銀行が国民の印鑑を偽造すれば国家レベルの金融機関はどうなるのでしょう。

バブル崩壊後の、厳しい取り立て・貸しはがし、相手を死に追いやる行為、それが私がこうむった災難であるという私の推測は
間違っていないと確信いたします。
 
神様が20年間の苦難の道を解かれたのです。通帳を見て驚く、実印の偽造が現実となり実印の鑑定の結果、やはりそうであったか!ここまでするとは天下の三菱銀行が、と驚いております。

今、私の手元には、実印(銀行印)の【改ざん・偽造】を証明
する、鑑定書があります。一顧客の銀行員が勝手に偽造し、
私利・私欲のために顧客の口座を操作した、罪は計り知れない
ものであります。三菱銀行門真支店の組織ぐるみであり、
支店閉鎖にも及ぶ大罪となります。

バブルの借り手責任により、多くの事業主は罪を負い死亡・破産しましたが、銀行は政府の保護のもとに助けられ無傷のまます。

中小零細企業には自己を返りみず、厳しい取り立ての要求を繰り返しています、今回の係争は、常識的に考えても、金融市場の大きな信用問題と思いますが国民の皆様は如何でしょうか。 

1日に5,000万円のお金を通帳で出したり入れたりすると、
銀行の行員は、このお客様は気が狂っていると思われます。
それを思うと行員の内部操作しか推定出来ません。天下の銀行が実印・銀行通帳の印鑑を偽造・捏造までして信頼している。

善良なる国民を追い詰め、保証人の子供の親子関係をも断ち切った罪はあまりにも大きく、20年間、想像を絶する苦しみに追い
込まれた罪はあまりにも深く、私は許すことができないのです。

教養・常識があればしてはならない罪であります。全国の銀行関係者及び有識者の国民にも問いたい。教養・常識を問われる裁判官は如何に判断するのでしょう。


何卒この訴状と、鑑定書を裁判所・警察・検察庁に提出して、
いただきたいと存じます。


実印(銀行印)を偽造までしてバブルを起こした、すべての銀行の正体を徹底的に追求しなければ、貸しはがし・貸し渋りに
翻弄される国民の辛苦は解決は出来ません。

世界が認めたモンドセレクション大金賞受賞の「富田の水」が
20年間、国家の国民金融公庫からは一切の融資を、うけることができないのです。
これもひとえに大銀行の貸しはがしによる、良からぬ風評のなせる技と今では思っております。

日本は氏名と捺印の国家、命より大切な実印の偽造を銀行がするとは国際的にも極めて恥ずべき行為です。
銀行のバブル事件とはとは大蔵省の管轄のもと、国家をないがしろにする大事件と思う。

私の魂のこもっている株券12万株の抵当。途中、株の配当金が
消える。借入れ返済金・利息の支払い金。定期預金の解約金。
高額な定期預金の履歴の提出・自宅抵当権設定の為、20年間の
公的資金の、調達不可。20年間に渡る精神的苦痛、親子の断絶
苦悩、孫とも気楽に会えないはかり知れない精神的苦痛。

取引停止による社会的な営業妨害。実印(銀行印)偽造による、精神的な被害、運転資金等、お金に苦しんだ20年間。保証人学生上がりの社会を知らない、保証人を恐怖のどん底に陥れた大罪。親と子の保証人は 今迄の経過は一切解らない 無言の要請。
以上の重大な損害が被告とその身内に発生しております。

今回の裁判を通して、精神的・金銭的ダメージへの償い、社会的損失への償いを強く三菱銀行に求めていく所存です。
どうか私の意あるところをお汲み取りいただき、ご理解とご支援を心よりお願い申し上げます。

     平成23年8月23日
                   加藤 清

   以上 裁判所に提出書類です。


   ネット裁判も書類で提出済み。


 

平成24年1月7日
加藤 清
20年前 バブル時代 私は三菱銀行門真支店で5000万円の貸出し枠作りをしました。
三菱銀行の5000万円の【枠作り】が貸出した、との裁判です。プロの銀行作文です。

上記の様に 実印・通帳印 偽造「刑事事件」本人の出頭及び資料がありません。

これで裁判判決です すべて書類は偽装書類の、


       裁判長のファシストの判決です。


       裁判長とは「冤罪」の名手です。















 2月6日の判決言い渡し原告主張200字 被告に対する、


主張・裁判長主張は10ページ8000字です、ファシストの判決です。


         これが現在の司法。



   裁判とは弱者を助け、 強き者を挫くが裁判の掟。



         国民不在の無政府の状態。



裁判とは「学」だけの弁護士・裁判所はロボットであり機械である。


      現実は人間様の心が無い。


          裁判の検証、


法廷、2回最初と最後、後は密室裁判 相手方の密計。


当方は、次の日程のみ 隠し録音がほしい裁判である。



 バブル戦争で日本人の羞恥心がなくなる、世界に恥ずかしい。



 世界に訴える事しか正義の裁判は出来ない.


       国家・国民です。


   ネット裁判も裁判所に申請 済みです。




20年間、三菱銀行の書類の暴力で貸しはがし追求。



20年間、前任者の融資お断りの、貸ししぶりの追認。




  政府の、貸しはがし・貸ししぶり・の実態。



   国民を死に目にあわした、バブルの実態。




     裁判の検証。




裁判は セレモニー でした。


三菱銀行の弁護士と裁判長がいつも後に残り密室裁判でした。


本件は原告のみの裁判 裁判は役人の高額な収入稼ぎとも取れる。


  このままではまもなく【国民不在の第二の北朝鮮】となるでしょう。





2012年2月6日法廷807号室で 口頭弁論で判決 されました。



法廷807室は2回のみ 後は密室でした、約1年間のセレモニー。





三菱銀行弁護士と裁判長・ぐるみの判決。



  被告の訴え一切関与せず。



実印偽造・原本提出無し・全て知的書類の判決。




裁判とは・真実がない・印紙税の税金納めの為。




日本は「国民・不在・国民・棄民」の役人天国。






 棄民 「国家から見捨てられた人民」 辞書参照


部落とは「ユダヤ人頭が良い」「まろ」が付けた棄民。






準備書面1

大阪高等裁判所第11民事部 御中

被控訴人訴訟代理人




1 株券の差入担保について
平成23年11月10日付け原告準備書面5においてすでに述べたとおり、
被告清が平成24年4月13日付け控訴人清の控訴理由書において指摘する株券の現状は以下のとおりである。
なお、「返済済み」とは、被控訴人から控訴人清に対してすでに株券を返還していることを意味し、
「処分済み」とは、被控訴人にて担保権を実行して株式を売却処分し、その売却代金を貸金債務に充当したことを意味する。


‖臻建設株式会社(1万株)返却済み
中外炉工業株式会社 (1万株)返却済み
佐藤工業株式会社(1万株)株券保管中
ず監9業株式会社原告が預かったものではない
ヅ慣建設株式会社(1万株)処分返済み
Ω淪侶設株式会社(1万株)返却済み
不動建設株式会社(1万株)返却済み
┳式会社中山製鋼所(1万株)処分済み
佐藤工業株式会社(1万株)株券保管中
佐藤工業株式会社(1万株)株券保管中
不動建設株式会社(2万株)処分済み

これらの株券は、控訴人清が被控訴人に別に差し入れた銀行取引約定書 1条に規定する取引によって、
負担する一切の債務の根担保として差し入れられている。
したがって、本券貸付も被担保債権の範囲に含まれることになる。

もっとも、被控訴人がなお保管する佐藤工業株式会社の株式(上記)は、すでに無価値となっている。
佐藤工業株式会社は、平成14年3月3日に会社更生を申し立て、同年3月31日に更生手続きが開始され、
平成15年3月31日に会社更生手続きにおける更正計画の認可決定を受けている。

第1 被控訴人準備書面1への反論
被控訴人は、控訴人清が、本人尋問の際に当座貸越を行っていたことを自ら認めているため、
被控訴人の手元に戻った5,000万円が当座貸越にかかる借り入れに充当されたことは明かであると主張している。

しかし、控訴人清が争っているのは、当座貸越の存在そのものではなく、当座貸越で借り入れた金額なのであるから、

被控訴人の主張は失当と、 いわざるをえない。
被控訴人清が、本当に当座貸越によって5,000万円を借り入れて いたのであれば、

上記のような苦しい主張を行わずに、当座貸越の資料を提出すれば済む話である。

被控訴人が、何故、当座貸越の資料の提出を、ここまで頑なに拒むのか、理解に苦しむ。
以上

株券差入担保について
返却済みで有れば、担保差入れ証書が控訴人の手元にあるのは違反では無いか。

担保の株券を売却すれば、本人の意志の確認と売却書類が必要です。

株券保管中の株は全て無価値な佐藤工業であり平成14年3月に倒産された株券である。

倒産された株券の主張で、知的捏造作文の裁判であることが良く解る,通帳・実印偽造も調査されない。

株券は控訴人以外で処理をされたとしか思われない。返済途中の担保の返却はあり得ない事である。

株券の売却・返還は控訴人には担保差入れ証があり、返還・売却は控訴人に覚えがなく、記憶も無い、
途中の担保解約は子供の幼稚な知的作文である。

銀行は社員の行為の責任は一切関与しないとの事、国民の命の金融です。

人権問題でもある。国民は税金納めて裁判で泣かされる、税金とは何か。

作文国家 知的捏造作文で裁判が出来る 知的捏造作文で脱税が出来る国家となる。


財務省管轄の銀行も、血も涙も無い、金貸しそのものである。


尚、控訴人加藤清は銀行枠貸手続きに関与したのみで借入は一切ありません。
平成24年8月28日
                         加藤 清



最高裁判所まで高額な税金を納めなければ真正の判決が出ない国家。


実印・通帳印の偽造・提出も調査なし・株券担保・の返却は考えられない。


株券は行員に返却されたのか担保差し入れ証はすべて手元にある。


保証人の原本の署名なし・貸し付け原本提出なし、途中の知的作文。



これが政府が起こしたバブル戦争の正体、多くの犠牲者、屍の山。



これでも判決が出る、国家裁判。






   夢物語も見て下さい。



一つ一つの裁判であれば、解決するまで一つの裁判に十年はかかる。

  国民の汗と涙の税金を 司法がどう判断して使うのでしょう。


国民の最高機関、裁判に 人類の基本 常識・教養・道徳心・歴史・正義感・を積めばすぐ解決する。





明治維新後140年 作文・国家 脱税・国家 まやかし・国家となりました。


「まろ」の世界 日本は過去に恐れられた、作文次第の国家。


データは真正なもの しかしお金がいる 国家はそれを認めない、


  それが国民の悲劇である。



   財務省管轄の金融協会のプロが実印・通帳印・代筆を偽造すれば、


日本の全国民の命《お金》はどうなるのでしょう、常識・教養があればすぐわかる

プロの鑑定士 を信用出来なければ、すべてに疑問 裁判判決も疑問です。


将棋・スポーツ選手とアマチュア選手では大きな開きがある。


バブルの時の銀行・書類の一人歩きは、社会的な大問題と思います。

国民の命を預かる金融界がこんな事をしているのは如何か?。

 作文次第の国家・ホリエモン・オリンパス・大王製紙等、

  国家の金融機関に書類の一人歩きが移ればどうなる。

 自己防御のために 解らない・解ろうとしない、財務省の姿。

民の命を「そまつ」にする、伏魔殿「まろ」・悪の裏支配者たちの検証が必須の時、民が潰れる。

   「まろ」・ 伏魔殿 ・ 宮内庁 ・ の検証が民を助ける。

世界がいつまでも許してはくれない 「円高」を検証すれば良く解る。


上級ペーパーを受けた特権階級、「キャリア組は」。 「まろ」の世界である。

27才で各署長の職に就職出来る天下取りでもある。
現実の事は「右も左」も解らない儘の天下取りである。
人類としての基本・常識・教養・道徳心・歴史・正義・神仏・を知ろうとしない堅物である。

どんな宝石も山から掘り出された儘では宝石にはならない。

土を落とされ研磨機にかけられて初めて美しく高価な宝石となる。

人間も同じでどんなに優秀でどんなに才能があろうとその人間ひとりではその才能は発揮できない、

人間も発見され掘り出され磨かれて社会に出される事によって初めてその価値を・・・・・・


NHK大河ドラマ 「平 清盛 」まろの世界に切り込むのです。


戦後67年 人生60年 現在の世相は変えれない、国民は明治維新より「まろ」の世界に洗脳されているのです。

民主党ブームが最後ですか?。

 

戦後65年 官僚政治の 粛清な統制を「 粛正 」しなければ


近代国家とは言えない。


 
    
太平洋戦争開戦(昭和天皇が指揮)70年に当たり、


 「日本がたどった歴史を繰り返し学び、


平和に思いを致すことは 極めて重要なこと」。


と12月23日平成天皇陛下の誕生日に言われました。

過去にも何度か言われました。


明治天皇が興した、203高地、坂の上の雲 天皇陛下の前で自責の念で「号泣」した。乃木希典陸軍大尉、

部下を何百人と殺し「号泣」された、責任は誰か?。

政府が興した、バブル経済戦争の金融業界にも等しい行い、バブルの検証が必須の時。

裁判とは当事者のみしか解らない、交通事故と同じ当事者しか解らない解決しない。



世の中で一番惨めな事は人間として教養のない事ですと言われ

る。 (福沢諭吉)



 松下・ホンダ・ソニー・の企業は世界の企業「常識・教養・道徳心・正義で世界へ伸ばす」。



   
11月27日より関西から民の力で維新の世界が


始まる。



維新政治熟 応募400人・3326人国民生活第一


民の力。



    東京は あきめくら 譲位奉還の時代。


 
 
徳川時代 役人の不祥事 は切腹.




何をしても許される人権保護法。



飲酒運転 捏造で逮捕 民の生活、



奪われる。



旧 社保庁OB 646人 天下とり。



AIJ事件で民の大切な厚生年金、



  1100億円の穴があく。



天下取りの会社は国民に高価な、



   書籍を売りつける。



   我が身かわいさから、



    罪を重ねる。








金融業界の 通帳・実印の偽造印・署名の一人歩き・すればどうなる、国民の命がどうなるのでしょう。

 明治維新より失なわれたキャリア組の 常識・教養・道徳心・歴史・正義感を失うため国民が苦しむ時代となる。

徳川まで「善」の裏の支配者全国に民の心に神社・仏閣を建てる

明治維新の無償の大政奉還、後は「まろ」の一人舞台となる。

裏の支配者となり以後動乱の世の中となる。

力の外交は身を滅ぼす時がくる。

31年ぶりの貿易赤字となり 円高・埋蔵金のため、 国民が苦しむ時代となる。


国民生活金融公庫とは申し込みに対し国を支える企業を育てる為、

偽装作文ではなく 昔の様に現地調査・製品調査・借り手の背景を調査する事が大切では無いでしょうか?。

民の1年間 年収が200万円と言われる時代。

国会議員の1年間の歳費(1年間の手当)他に文書手当他



日本は 2106万円プラス1200万円=3306万円の大金。



民の為、なにも出来ない 議論のみ20年間 灯りがない。

スポーツ選手はすべて結果のみで訴える、ブロレスラーのスポーツ選手、

すべて結果論、国民を大切にする。  政治家・官僚様も学んでほしい。



官僚様は?

アメリカ 1335万円   ドイツ 944万円

フランス 842万円   イギリス 778万円となっている。


 
何故 バブル戦争が起きたのか 戦後60年 国家の飽満経営の為、

お年寄りの何百兆円の郵貯のお金の使い込み原因では無いでしょうか?
 


お金とは国民の命、20年間 新規事業に一切の融資は御座いません。

  
世界の最高商品にも・国内の最高品質商品にも、20年間、


一切の融資も頂けない、貸し渋りの経験者です。


 忍耐か? 権力か? インターネットは世界に発信されている、人類の基本 常識・教養 学べば良く解る。





   騙されているのが 遊び 中々に騙す国の文章のうまさ、  民が離れて当たり前。




天孫族・田族・田中族・古代からの秘伝を


紹介致します、夢物語。



        
日本の歴史。倭国の 君主・(君主368代目)




救わねばならぬ、倭国の 君主・(君主368代目) 雨もりのあばら家に住んでいる厳しい環境。





徳川家康公、 田族 田中族 の三男妨。





日本の歴史がゆがめられている。これからは神話でなく本当の歴史が明らかにしなければいけない。


近隣諸国は知っている、知らないのは日本国民のみです、恥ずかしいですね。


明治維新より日本の歴史はいいかげんとなり 人類の基本 道徳心・常識・教養・歴史・正義感が抹殺されている。

帝国大学崩壊の時期。



 出雲の神は古代より現在 368代目、大国主大神の命である。

伊勢神宮 は内宮と外宮があります、天皇陛下はまず外宮からお参りするのは何故か?。

日本は西暦 「250年〜647」年まで大将軍(大統領)王様として世界に君臨されていた。

  羽海470年〜大山〜安東〜大将軍〜日本の王、中国名


   天皇は西暦647年ごろに誕生する。


須佐之男 辰了仂紊天照大神(天皇の)である。







救わねばならない、倭国の元首(君主368代目)







雨もりのあばら家に、住んでいる、厳しい環境。









徳川家康公、 田族 田中族 の三男妨。



  明治維新より 【抹殺】された、



  日本国家の元首。倭国の元首。



国の成り立ちを示さない、国は何処にもいない。








加藤住宅、旧ホームページお楽しみ、参照、


日本の歴史が倭国の歴史が解る。



国家の歴史を 国民は尊ばなければ世界に恥ずかしい国民。



御支援 賜ります様 宜しくお願い致します。



日本国の元祖です 「厳しい掟・質素・倹約」 永久に続く様に厳しい家訓。


【4月12日 中国の温家宝首相は国会演説で 2000年以上、日中交流史は、


世界文明の発展史に類を見ない歴史が有ると力強く日本の国会で演説されました。】



外国が知っている日本、「歴史感から変える」、日本人の心が凍る様な宣伝も出て来ました。



第一次世界戦争(明治天皇)坂の上の雲で乃木将軍が号泣して、

訴えている。


第2次世界戦争(昭和天皇)平成天皇が戦争を検証して二度と

戦争をしない様、訴えている。


第3次バブル経済戦争(平成天皇)(伏魔殿・宮内庁)世界より

最高の円高で訴えられている。


第4次 民主党 管総理 自民党の諸費税10%にのり選挙敗退。


野田総理 諸費税10%で崩壊に歩む。まるで戦前の様子、裏支配者 伏魔殿様。


第5次 明治維新より統制派を敷いてマスコミ・メディア・NHK・大新聞が国民を洗脳する。 

次は埋蔵金が有る為、諸費税10%〜15%国民に増税・・・大恐慌が次ぎに来る。


第6次 民主党崩壊される・自民・合併も視野にはいる時代。


若者が特攻隊で天皇陛下バンザイと戦地に散った。


バブル経済戦争で優秀な経営者が戦地に散った。


現在も まるで戦前の如く勝ってくるどと勇ましく・・・ マスコミ・メディア・大新聞が政局を動かしている。


     民はすべて 権力で殺される。




 平成天皇が起こした、バブル戦争 世界より史上、



  最高の「円高」で攻められている。



 世界のシャープ企業も株価176円瀕死の状態、



   バブル政策の後遺症。



 円高で海外移転、素晴らしい日本の歴史を無くし、



   海外から信用無くした日本。



 いつかは・・・5〜6年先には海外より 技術も工場も



    信用無くし追い出されるでしょう。








裏で先導している伏魔殿が【譲位奉還】しなければ、




   民は国民は良くはならない。





  平 清盛 【まろ】の世界に反発 武士の世界にする。




     
 
 早く出てほしい 平成の清盛。





【まろ】の世界は民は「賤民・非人・貧民」で 良いと思われている。




  バブルの経済戦争の検証が日本の未来の為、緊急に必須。


 国と国民の20年間の 超 デフレ政策続く 民が泣く。



  民の「命」【最も 大切な金融機関 】の改革です。




  旧 社保庁OB 646人 天下とり 7割が運用責任者。


    天下り・天下取り とは競争の中から生まれる。




不動産業・昔・明治不動産が手付け金 詐欺を働いた。


  国民は明治生命の不動産業と信用しました。


不動産業界に問題が起きると明治不動産の残党と言われた。


 それ以後 不動産業界は国民より信頼を失なわれた。


   銀行も金融業界も同じ道をたどるのか?


   常識・教養・積んでいれば良く解るはず。


 【誠】のわかる一人の政治家 小澤一郎 先生。



円高 相場 政府発表昨年1年間で14兆2970億円の為替介入を


実施したと24年2月8日発表される,他に覆面介入1兆195億円。


バブル戦争の世界からの制裁です。


1兆円は毎日100万円 使って3000年かかるお金と言われる。



デフレ政策してこの有様、国民生活第一の半分でも内需拡大策を


取ればこんな事にはならない。



誰が悪いか?マスコミ・裏の支配者?。







  徳川300年 常識・教養・知力・で



世の中納める。



マニフェスト」国民の皆さんに政権公約の、



約束を果たす事 が出来なければ、



切腹,しなければならない。



これが 徳川300年との違い、先人の、



教訓を学ぶ時。



徳川 家康公 江戸時代に地方分権。。



小澤一郎


「これからもめったに出てこない卓越した政治家だ。


  小沢氏抜きの民主党もないし、民主党のあしたもない。


  国民の信頼回復は小沢氏抜きには図れない」 と述べ、


  同党に欠かせない人材と指摘された。 (時事通信)


裁判とは国民の利益の為であり、権力の為では無い。


警察審査会の歪曲される審議では無く、住民訴訟が優先される判決が等しい。


















 公家「まろ」の世界から【 脱却 】NHK大河ドラマ、



      平 清盛 となれ 国民生活第一。



民を粗末にする公家の社会から武士の社会にする。





一日の自殺者100人、未遂者入れると1000人です。




       インターネット参照。




徳川300年 神の世界から無償で奪う大政奉還。


明治維新ご140年現在の世間は民の汗と涙の税金の、


給料で生活している官僚様は目を覆うばかり凋落


している原状、偽装・捏造・隠蔽・偽造・虚偽・代筆が


世間を賑わしている これらも氷山の一角である。



   立法・司法・行政・が崩壊されている。



   作文次第の国家・作文すべてが通る。



プロレスの世界であり、徳川時代であれば切腹の山である。



徳川の後の現在の日本の「まろ」の姿、賤民組織・裏の支配者たち。
 


平成の 平 清盛 国民が目をかけて育てよう、民が強くなろうよ?



マスコミ・メディア・NHK・から離れよう 国民が強くなろう。



世界の常識が日本では非常識と言われる時代もありました。



消費税・零細企業を 優先して潰すより 育成する事が最も大切。


国民を 「賤民」 と思っている 官僚・伏魔殿・財務省・


国民不在の政治・特に財務省は国民の命に直結する。


官僚様は 組織の病弊が生み出す、過度な組織防衛の弊害がある。


国家・国民・の負託に応えてほしい。



国民の命 金融機関・政府の金融機関も
誇大広告です 取締りは無いのでしょうか?
昭和5年生まれ兵隊にも行った老人が今の日本は戦後の様であると言われる日本。
長期のデフレ政策金融関係の取締りは無く、
1〜2か月で潰す、 ヤミ金融の状態が氾濫している。 資金に困る真面目な経営者 が
大きな的となる 最低国家では無いでしょうか?
学の時代 官僚様は国民を賤民と見ている。
国家の基礎から崩れている 第二の北朝鮮に進んでいる。



官僚様(公家)は民を賤民(辞書見る)と思っている。

NHKドラマ「平 清盛」は公家の賤民の時代を武士の、

時代とする為 に闘う物語である.








世の中で一番惨めな事は人間として教養のない事です。(福沢諭吉)





現在の教養は中学生以下と思われます。










      現代の世の中が物語っている。



    15年間、デフレ政策継続して、


  国民不在の税金【埋蔵金】を蓄積するより、


 【大不況】克服の為、内需拡大が必須です。膨大な埋蔵金。



5月3日 憲法記念日 改憲によせて,


戦後65年国民本位の憲法改正が必須の時代です。



専制・隷従・圧迫・偏狭・粛清・統制派・を地上から永遠に徐去しよう。


粛正な国民本位の裁判も出来る事でしょう。



作文次第の日本、国民に消費税、押し付けるより、


天下のパナソニックが120億円もの大金の申告漏れ、


6000万円の所得隠し、
    

今迄に出ている、大手企業の氷山の一角。作文次第の国家です。


国民に全て負担がかかります、粛正な国家の改革が必須の時代です。









署名・嘆願書

私に公正な裁判を受けさせてください!!

市民の皆さん、私の訴えに耳をお貸しください。

私、加藤清は、京阪古川橋で家内と二人で不動産業の小さな事務所を営み、今年で43年になります。

事業資金融資に関し、三菱東京UFJ(旧三菱銀行)と裁判で争い、破れました。裁判は、一度判決が下されると、再審は通常の手続きではほとんど望めないと言われています。
私、加藤清は何としても最高裁での再審を勝ち取り、現状では不充分な判決を高裁で裁判を受けられるよう、市民の皆様のご署名を集めることにいたしました。

今回の裁判所の判決に際し、被告であると同時に、一介の市民として思うところが多々あります。

事件は、バブル経済華やかなりし昭和58年、旧三菱銀行の行員が弊社を訪れ、「あるとき払いの催促なしで借り入れ枠」をつくって欲しいという申し入れでした。
このような借入枠は通常はよほどの大企業にしか提供されないものですが、どこか歯車が狂っていたバブル経済下ならではの申し出でした。

弊社は地元の銀行よりすでに手厚い融資を受けており、それ以上の資金は必要ありませんでした。しかし、旧三菱行員の熱心なアプローチに負け、5000万円の借り入れ枠の申し込み申請をしました。
しかし、その後、私がその5000万円の枠を活用する間もなく、銀行側が勝手に頻繁な金の出入金を繰り返し、バブル経済の崩壊とともに、資金は消滅してしまいました。

判決の骨子は、要するに天下の大銀行が5000万円貸したと言い、被告加藤清は一旦借り入れを認め、押印しているのだから、その後、それまで陽の目を見なかった、
新証拠とともに申し立てをしても、裁判の勝敗は自ずから明らかというものであります。

しかし、決して充分とは言えない書類だけの証拠で被告である私と連帯保証人である息子の生き死にに関わる判決を下しても良いものでしょうか。

まず、最初の5000万円の貸付書類の原本がありません。平成9年3月28日の途中からのプロの知的な隠蔽書類での裁判です。当方には白紙書類です。
また、甲第23号証、昭和58年2月24日の証書に連帯保証人の署名がありません、印紙に丸印のみの書類です。
長男保証人には相続人の為、との事で途中からの知的な隠蔽書類での裁判です。裁判でもっとも重要なはずの旧三菱銀行の担当者の出頭がありません。
担保の株券処理書類の提出もありません。まさに、ないないづくしの裁判判決です。あるのは吹けば飛ぶような一市民をひねりつぶそうとする天下の大銀行のはしたない顧客いじめです。

さらに、専門の真正な鑑定士が緻密に鑑定した、実印の印鑑偽造、通帳印鑑偽造の事実の報告書の検討が全くなされておりません。信頼できる鑑定士の鑑定は、
日本では命の次に大事な実印、銀行印が偽造されているという報告です。

一国民として、私は子と孫に囲まれて、ささやかで幸せな余生を送りたいと思います。しかしながら、天下の大銀行と裁判所は、一国民の切なる訴えを吹き消そうとされています。

善良なる市民の皆さん! このような一方的で画一的な判決に、小市民は泣き寝入りしかないのでしょうか?

私は「おかしいことはおかしい」「不充分なものは不充分だ」と言いたい。私の訴えにご賛同いただけましたらご署名をお願いいたします。
                 平成24年7月30日
加藤 清
















      「 日本の再生 」














1、基本方針

日本は今、日本人の誇りであった「経済大国」という言葉が空しく響くほど経済が停滞を続け、一方では、就職できずに人生に絶望している若者や、自ら命を絶つ人たち、
行方の知れない高齢者が相次ぎ、社会が急速に崩壊しつつある。そのような閉塞感の打破を国民に約束した昨年の総選挙の
マニフェストと政権交代の原点に立ち返り、総選挙マニフェストを誠実に実行することに全力を挙げる。

それにより、すべての国民が安心して安定した生活を送り、日々の暮らしに夢と希望を取り戻すことができるようにする。

まず、「自立と共生」の理念と「国民の生活が第一」の原則に基づいて、政治、行政、経済、社会の仕組みを一新し、国家予算207兆円の全面組み替えを断行する。もって、行政の無駄を徹底的に省き、マニフェスト実行の財源に充て、日本経済、国民生活、地域社会を再生する。特に、あらゆる分野で日本型セーフティネットを構築しつつ、外需に頼らない成熟した経済・社会を実現する。
そのために、民主党内の全員の力はもとより、党派を超え、官民を超えて、国民の総力を結集する。

2、日本経済の再生
(1)急激な円高に対処するため、緊急経済対策用の予備費として平成22年度予算に計上している2兆円(国庫債務負担行為を含む)を直ちに全額執行し、
住宅ローン供給の円滑化、エコポイントの延長、学校・病院の耐震化をはじめとする景気対策を実施する。
(2)円高効果を生かす一方、今後の急激な円高については、日本経済を守るために、市場介入を含むあらゆる方策を果断に実施する。
(3)国の「ヒモつき補助金」を順次全て地方への一括交付金に改める。
(4)高速道路の建設は今後、国が建設費を支援して都道府県が自ら行うことのできる仕組みを創設する。それにより、全国の高速道路網を速やかに完成させる。
(5)緊急経済対策と補助金の一括交付金化、地方自治体による高速道路の建設などにより、地方の雇用を安定的に増やし、地方経済を活性化させることで、日本経済再生の起爆剤とする。

3、国民生活の再生
(1)全ての国民が同じ年金に加入する年金制度の一元化を実施し、最低保障年金(月額7万円)と加入者の報酬比例年金という2階建て年金制度をスタートさせる。
それとともに、国民健康保険、介護保険、生活保護は実施を全て地方自治体が行っている実態を踏まえ、社会保障関係費としてまとめて地方に交付する。
これにより、各地方の実情に応じて、かつ地方の知恵を生かして、より効果的な福祉が行える仕組みに改める。以上の制度創設に向けて国民的議論をおこし、年内に具体的方針を示す。
(2)地域の中核的な病院に必要な機能を集約し、病院・診療所間のネットワークを構築することで、地域医療を再生する。
(3)子ども手当ては、子育てをめぐる厳しい家庭環境に最大限配慮し、平成23年度に現行の月額13000円から20000円に引き上げ、平成24年度から満額の月額26000円を支給する。

4、地域経済・社会の再生
(1)「ヒモ付き補助金」の一括交付金化によって、地域のことは地域で決める真の地方分権(地域主権)を実現するとともに、地場産業を活性化させ、地方の雇用の場を拡大する。
(2)人口規模や集積力の大きい地方都市を中核都市(基礎自治体)と位置づけ、そこを中心に医療・介護・福祉のネットワークを整備し、地域に密着した新たな成長産業として育成する。
(3)日本の技術の宝庫である中小企業に対し、国内外での活動を積極的に支援する。
(4)一次産業の安定と地場産業の活性化を図り、食糧自給率を向上させるため、
農業の戸別所得補償を拡充するほか、漁業についても平成23年度から段階的に所得補償を導入するとともに、農林漁業と加工・流通の一体化を促進する。
(5)農林漁業を再生し、中核都市を整備することで、都市と自然の共生という形で、均衡のとれた地域再生を実現する。

5、行政および政治の改革
(1)国家公務員の天下りは全面的に禁止する。
(2)公務員制度の抜本的改革を実施して、公務員が誇りを持てる処遇をし、公務員に労働基本権を認める。また、地域主権の実現に合わせて、国家公務員の定数を削減し、地方公務員への移転を進める。
(3)地域主権の確立に伴い、国の地方支分部局は廃止する。
(4)独立行政法人、特殊法人と特別会計は必要不可欠なものを除き廃止あるいは民営化する。またそれらの関係団体(公益法人、関連会社等)も原則として廃止あるいは民営化する。
(5)政府・与党の一体化を進めて、内閣の機能を強化し、国民主導の政治を実行する。
(6)国会の機能を強化すると共に、官僚答弁の禁止等により、国会も国民主導の仕組みに改める。

6、責任ある外交の確立
(1)日米同盟は最も重要な2国間関係であり、一層緊密な協力関係を構築する。同盟関係は従属関係ではなく、対等のパートナーであることから、日本は国際社会において、米国と共に今まで以上にその役割及び責任を分担する。
(2)日韓、日中関係は日米関係に次ぐ重要な2国間関係であり、長い関係史を踏まえて、政治、経済、文化等あらゆる分野で協力関係をさらに深める。
(3)日中韓3カ国の協力を前提として、環太平洋諸国も含む東アジア共同体構想を推進する。
(4)日本の平和と世界の平和を維持するため、日本国憲法の理念に基づき、国連を中心とする平和活動に積極的に参加する。
(5)米軍普天間基地移設問題は、沖縄県民と米国政府がともに理解し、納得し得る解決策を目指して、沖縄県、米政府と改めて話し合いを行う。

7、新しい公共
明治以降の国家形成の過程で、「公共」イコール「官」という意識が強まり、中央政府に権限や財源が集中した。その結果、社会や地域のつながりが薄れひとりひとりが孤立しがちな社会となった。「新しい公共」とは、人や地域の絆を作り直し、支え合いと活気がある社会をつくるための自発的な共同作業の場のことである。
NGOやNPOをはじめ、ボランティアや企業の社会貢献活動を積極的に支援するとともに、政府の持つ情報もできる限り開示する。。








  




  





 
小沢 一郎(おざわ いちろう、1942年(昭和17年)5月24日 は、

日本の政治家。衆議院議員(14期)、国民の生活が第一代表(初代)、

学校法人日本大学理事、新しい政策研究会会長(初代)。

衆議院議院運営委員長(第41代)、自治大臣(第34代)、国家公安委員会委員長(第44代)、

自由民主党幹事長(第26代)、新生党代表幹事(初代)、新進党党首(第2代)、自由党党首(初代)、

民主党代表(第6代)、民主党幹事長(第9代)などを歴任。


 政治の天才と言われる 田中 角栄総理の秘蔵っ子となり

 自民党政権の全盛時代「 3回の幹事長」歴任される逸材。



              理 念



  官僚が全てを支配する「官僚独裁」を許していたら、



日本は必ず、無謀な大戦へと突き進んだ 昭和の悲劇を繰り返してしまいます。



   一日も早く日本に議会制民主主義を定着させ、



  国民主導の政治で 政治、行政、経済、社会の仕組みを、



    根本からつくり直さなければなりません」 。







苦節、「20年」流した涙、無にしない。





     神・仏 辰旅顱‘本と八咫烏




八咫烏と闇の権力の真実について(1) 2013-04-05 17:01:49
テーマ:ブログ
飛鳥昭雄・ベンジャミン・フルフォード著「八咫烏と闇の世界権力の真実」の要約である。飛鳥昭雄氏は、
裏天皇から「日本の秘密について解き明かしても良い」というお墨付きを得た唯一の人物であり、
「ヨハネの黙示録」や聖徳太子の預言書も解明しており、菩薩であると思っている。ベンジャミン氏は
中丸薫女子との過去世からの因縁があり、闇の権力の追求に関しては右に出るものはいない。

(1)八咫烏とは何か?

八咫烏とは、神武天皇以前に既に奈良にいた「もう一つの天皇家」のことである。同じ天皇家だったから
八咫烏から現在に繋がる天皇家への国譲りが出来た。遡ると邪馬台国の卑弥呼の時代から既に彼らはいた。

八咫烏の正体は物部氏である。物部氏とは、中国の秦始皇帝の命を受けた除福が連れてきた技術者集団
であり、それが若狭湾など複数の地点から上陸してきた。そして、神武天皇への国譲り以後は裏天皇
として存在を維持することになった。これが八咫烏である。

八咫烏の主な役目は何かというと、祭司にのみ関係している。祭司を教授する組織が八咫烏である。

皇太子が後を継ぐときになされる大嘗祭は京都で行われる可能性が高い。

天皇がやるべき儀式、そして天皇の目的、天皇が将来的に何をするかという預言、それらを司るのが
八咫烏である。天皇家の京都への移動も八咫烏が決めている。もし、天皇家に男子が出生しなかった
場合でも、八咫烏の家系から男子を連れてくる。(物部系の天皇に入れ代わることになる。)

神武天皇以降の天皇家は基本的には秦氏系である。ルーツはどちらもユダヤだから大きな違いは無い。

八咫烏は現在70名いる。その上部組織は12名からなっていて、「大烏」と呼ばれている。
さらに、その中で最高位に立っているのが3人の金鵄がいるという構図である。金鵄は天皇に代わって
祭司を行ってきた裏天皇であり、建国以前から日本史の秘密を全て握っている存在である。

八咫烏というのは物部氏だから、天皇家を裏から支えているのは物部氏ということになる。伊勢神宮の
内宮や外宮を裏で支えているのは伊雑宮(いざわのみや)という物部系の伊勢神宮であり、京都に
おいても天皇を守っていた下鴨神社と上賀茂神社を支えているのは物部系の河合神社である。

伊勢神宮は現在地に鎮座するまで、90年かけて候補地を転々としている。それを元伊勢(もといせ)
というが、その元伊勢の中でも最重要な存在が籠神社(このじんじゃ)である。これは、特別に
本伊勢(ほんいせ)とも呼ばれている。

籠神社の裏社紋がユダヤのシンボルであるダビデの星である。物部系の神社はユダヤの旧約を守って
いたから血の儀式をやっていて、牛などを生贄(いけにえ)に捧げていた。ところが、秦氏系の
神武天皇の後からは血の儀式を止めるようにお触れが出て、今は何処もやっていない。

八咫烏と対抗するために置かれたのが「忍(しのび)」である。それを造ったのが聖徳太子の
ブレーンとされる秦河勝である。物部氏の八咫烏に対して、秦氏は忍を置いた。甲賀や伊賀といった
忍者の里は、八咫烏の領域の真ん中辺りに置かれている。聖徳太子の正体は秦河勝であり、秦氏が
忍者を創設したことになり、全ての辻褄が合う。

八咫烏は政治を一切やらない。日本は基本的に秦氏と物部氏との間のバランスで成立してきた。
物部氏は裏に回る約束だった。しかし、時々暴走する物部氏が出てくる。

「カゴメ唄」の本当の意味は、カゴメ唄の中にある言葉が出てきたら、日本をがんじがらめに
している封印が解ける。籠神社の宮司が口にしたら、一気に事態が進む。まず、熱田神宮から
伊勢神宮に草薙の剣が移管される。そして、三種の神器が揃った伊勢神宮は、いよいよ防衛態勢に入る。
籠神社の宮司の一言があると、その「がんじがらめの鎖」が全部外れてしまう。それは2012年以降に
起きても良い。起きなければおかしい。海部光彦(あまべみつひこ)宮司の出身は宇佐八幡宮の社家
であり、海部家の婿養子である。ちよっと弱い立場にあり、奥さんが無言の圧力をかけているという。

諏訪大社は物部系である。諏訪大社の筒粥神事(つつがゆしんじ)で、2011年は「買ってない
出来事が起きて、春に日本は足をすくわれる」という結果が出た。実際に起きたのが3・11の
東日本大震災だった。占いでは「三分五厘」であり、主から絶たれるという意味である。

2012年の筒粥神事は「三分六厘」だった。一厘増えたけど、これは「日月神示」のいう
神一厘つまり、土壇場で大逆転をもたらす一厘である。一厘の意味が誰も分からなかったが、いよいよ
見えてくる。隠された一厘の姿が現す・2012年を境にして全てが入れ代わる。これからは日本中心
に世界は動く。日本はイスラエルの三種の神器が揃っている「ユダヤの中のユダヤ」だから、聖書の民
が日本人だから、当然日本中心に世界は動くことになる。

*2013年の筒粥神事は3分6厘で世相は明るい兆しが見られるという。権宮司によると
「今年の前半は安定し、事を起こすなら早い方が良い。後半は石橋を叩いて渡る気持ちが必要である。」
と話している。

日本の外宮にヤハウェがいる。だから、まず日本で事が起きる。そして世界に波及していく。
物部氏に主権が戻る。物部しが真実をオープンにすると日本のいろんな仕掛けが全部はじけ飛ぶ。
八咫烏も象徴ではあるが世に出る。

(2)闇社会における欧米とアジアの闘争

世界統一政府を作ろうとする欧米のファシスト勢力がある。彼らは、「バビロニア式独裁」という
やり方で世界を支配しようとしている。

その一方で、戦前の右翼の巨頭といわれる頭山満とか、黒龍会とかいった右翼組織。
そして、青幇(チンパン)、紅幇(ホンパン)といったアジアの組織が存在する。
彼らに共通するのは、欧米のバビロニア式独裁と戦っているということである。

墨家集団が秦始皇帝に弾圧された時、彼らは地下組織となった。平和な時には、格闘技大会を
やったりするネットワークとして存在する。普段は潜伏しているが、乱世になると表舞台に登場する。
アヘン戦争が中国に仕掛けられた時に、その人達がアヘンビジネスを仕切ることになり、欧米の
フリーメーソン屋スカル・アンド・ボーンズといった結社との交流が始まった。彼らは生きるために
アヘンビジネスに手を出したのであり、欧米が中国を植民地にすることには反対だった。彼
らは、何度も反乱を起こして、最終的には1911年に成功した。(辛亥革命により中華民国設立に繋がった。)

それらの動きは、全て孫文に繋がった。そして、黒龍会も青幇(チンパン)、紅幇(ホンパン)も
みんな孫文に繋がる。彼らは欧米に対抗してアジアを開放する目的で動くグループであり、日本では
大東亜共栄圏を造ろうとする動きに繋がっていった。

明治時代に日本の陸軍は、ドイツに軍事技術の教育を受け、海軍はイギリスに教えてもらった。海軍は
イギリスと仲が良く、陸軍はナチスと仲が良かった。

日本の終戦時に陸軍の残党が北朝鮮という国の設立に密かに関与していた。

世界の麻薬ビジネスをやっているのは、そのナチスの残党達である。ブッシュ家と関係の深い秘密結社
スカル・アンド・ボーンズもその実体はナチスであり、武器商人、奴隷商人、麻薬商人の仕事をしていた。
つまり、北朝鮮、ナチス、暴力団が全部ここで繋がっている。

遊牧民の独裁の仕方を「バビロニア式独裁」とベンジャミン氏は呼んでいる。そのルーツはヒクソス
であり、彼らはローマ帝国に負けたけど、内部からローマを乗っ取った。
ヒクソスがユダヤの支配階級になった。ローマ帝国は帝王学をユダヤの支配者達から学んだ。
紀元313年にコンスタンティヌス1世がキリスト教を公認し、392年にはテオドシウス1世によって
国教となる。キリスト教以外の思想は全て弾圧されるようになった。

ルシフェリアン13血統のファミリーというのは、そのローマ帝国の血筋を汲む人々である。
ローマ・カトリックを裏から支配してきたファミリーがルシフェリアンであり、P2(プロパガンダ2ロッジ)である。
→欧米の闇社会も一枚岩ではない。大きく分けると3系統があって、北欧+ドイツ系統、英国+ユダヤ系統、
ローマ帝国+ローマ・カトリック系統となっている。)その他、そのようなファミリーによる血統支配に
反対する結社も存在する。彼らは自らを「イルミナティ」と呼ぶが、ややこしいことにP2ロッジの連中も
自分たちのことを「イルミナティ」と呼んでいる。

「イルミナティ」と名乗るグループは、ローマ帝国の血統を引き継ぐと主張する世襲制のP2ロッジと、
世襲制に反対し完全な能力主義のグノーシス派の「イルミナティ」というグループである。

飛鳥昭雄氏の漫画に登場する「教授」とは、アメリカの聖人君子のような連中のネットワークである。
それを統括している者はいないが,飛鳥昭雄氏の漫画では、その存在を「教授」と呼んでいる。→
(私は、教授が実在の人物であろうと思っていたが、残念ながら実在の固有の人物ではないということであった。)

ユダヤとは何んなのか?

彼らは支配階級の下で働く高級奴隷民族であるという。つまり、権力構造の一番上にいるのはユダヤじゃなくて、
ルシファーやサタンを崇拝するニムロデの子孫と、ヒクソスの後裔である。それに対抗する勢力がいる。
反対する勢力は能力主義のイルミナティであり、彼らはフランス革命、ロシア革命、アメリカ革命を起こした。
それが欧米でずっと続いている対立構造である。

地下室で自殺したとされているヒトラーは実は替え玉で、本物は逃げたという事実がある。
輸送機でイギリスに行き、そこからさらにアルゼンチンなどの南米に逃げたという。
そこで、ナチスの総統として生きながらえていた。ヒトラーの次の総統はカナリス。
その次の総統がパパ・ブッシュだという。ナチスの並外れたか学力をアメリカは全部いただいた。
実質的にナチスは丸ごとアメリカに移転した。

ナチスと日本の陸軍は、北朝鮮という国を作ったという説がある。
]彼らは、日本を管理するために、北朝鮮から5万人の用心棒に名前をつけて日本に連れてきた。
そのトップが元総理大臣のN(日本の総理大臣でNがつくのは中曽根康弘氏しかいない)。
もう一人がSで、日本語の名前は××××。つまり、某宗教団体のボスであるという。
ベンジャミン氏が彼の戸籍を調べてみたら、間違いなく北朝鮮の人間だった。
つまり、ナチスは反共という名目で朝鮮系の右翼を使い、日本を植民地支配しようとしている。
表向きは、民主主義の隠れ植民地→それが日本という国である。

永田町の裏手、赤坂見付益近くに×××××××保険のビルがあるが、あの3階部分は全て日本を管理するCIAである。
暴力団や右翼を動かす、政治家を殺す、賄賂を渡す、メディアを脅す、NHKに指示するなど闇の権力の日本での本部である。

ナチスの残党をアメリカへドンドン逃がしたのはバチカンである。
バチカンの一つの特色として同性愛ネットワークを形成している。
修道院というのは男ばかりで暮らしていて、建前は禁欲生活である。裏では同性愛をしないと出世できない。
つまり、同性愛の事実を脅迫材料として抑えておくのである。
ジョージタウン大学のイエズス会で勉強する人は、多くが同性愛の教育を受けることになる。
それから、スカル・アンド・ボーンズの秘密入会儀式も同性愛の乱交パーティだという。
オバマ大統領も同性愛サウナの常連で、年上の白人男性と愛し合うのが趣味だったという話がある。
(それを暴露する本も出ていて有名な話だそうである。)

バチカンの中の「いやらしい人々」は、イエズス会やオプス・デイやバチカン銀行に入って、そこでP2ロッジつまり
ローマ帝国と繋がっている。

「ヨハネの黙示録」にいう「偽預言者」は、神権もないのに預言者と称しているバチカンのことである。
飛鳥昭雄氏は世界を支配する「獣」は、アメリカの大統領になる男であるとしている。
「獣」と「偽預言者」に「サタン」が加わると「666」になる。これが、「獣の数字666」である
  







<天下の大銀行との係りから陥った一国民の窮状をご理解下さい。>

加藤 清 様

安倍晋三事務所へご意見・ご感想をお送りいただきありがとうございます。
当メールは、確認のために送信内容を自動で転送しています。

【お問合せ内容】
安倍晋三 総理大臣 様
天下の大銀行との係りから陥った一国民の窮状をご理解下さい。

大阪府門真市で45年間、不動産業を営んでおります加藤住宅代表の加藤清と申します。

私は一昨年の平成24年、株式会社三菱東京UFJ銀行より身に覚えのない5000万円の
返還請求を受け、裁判で争い、最高裁に上告申立てを行い7ヶ月後却下される。

その件に関連しまして、今回新たな事実が判明いたしましたが、その事実は私と
係争相手先(三菱東京UFJ銀行)との間の私事に留めるにはあまりにも重大な問題で
あるため、この度行政を司る財務省様にご理解、ご周知をいただきたく筆をとりました。

下々の戯言とお片づけにならず、吹けば飛ぶような一零細業者の血涙をもってしての
訴えとお受け止めいただきたいと願っております。

今回の主訴をご理解いただくため、その前段の裁判係争中の事件につき手短にお伝え
いたします。バブルが崩壊する以前、日本中が幻の好景気に浮かれている頃、銀行は
融資先を目の色を変えて探しておりました。天下の三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)も

私どものような零細企業の所へも「借りてください」「借りてください」と行員が言って来る
時代でした。
三菱銀行の行員にたずねると「枠貸しでも良い」とのことでしたので、「それなら」と思い
5000万円の枠貸しを申請致しました。

行員の要請に従って株券を担保に提出し、家屋も抵当に入れました。借り入れは
私の希望通り任意返済の条件でしたが、書類は白紙のままで、任意返済と書かれた
部分に丸印のみ記載されておりました。借入書も白紙書類のみで、私は書類の整備
をきちんとお願いしたいと申し入れましたが、話が前へ進みませんでした。

結局私が申し込んだのは500万円の融資だけで、それも利息の高さに驚き、すぐに
解約の申し込みをしました。500万円の返済は通帳記載の通り完了しております。
しかし、あろうことか私の知らない間に5000万円の大金が私の口座に入出金されて

おりまた。5000万円が三菱銀行から入金され、同日中に全額が引き出されていたの

です。
私は驚き、三菱銀行の担当行員に「5000万円借入の書類を見せて欲しい」と要求
しました。三菱銀行側の主張は私との間に、借入発生以前に当座貸越契約があり
5000万円はその返済に充てられたというものですが、当座貸越発生にいたる
口座履歴は再三の催促にもかかわらず提出されてはおりません。私は当座貸越取引
における5000万円の借入は一切覚えがありません。

裁判になった時、すぐに私の実印が捺された書類の鑑定を、過去に最高裁で勝訴した
実績を持つ「プロ中のプロ」である印鑑鑑定士に依頼しました。
判定は、5000万円借入をしたという書類の印鑑は「偽造印」であると判定されました。

しかし、一審判決では裁判長は実印鑑定を証拠として取り上げず、三菱銀行側の
言い分だけが認められ、当方の敗訴となりました。


裁判では 何らの証拠も提出しないという相手方の態度は不自然極まりなく、
5000万円の当座貸越取引など存在しなかったと考えるほかないといえる。
それにもかかわらず、原審は、相手方の主張のみを鵜呑みにして、5000万円の
当座貸越取引の存在を認定しているので、あるから、原審は、高度の経験則に反する
事実認定を、行ったと、いわざるをえない。

と当社の弁護士は厳しく反論するも、最初に決めた判決は覆ることはない。

平成27年2月9日、私はお金に困り端株の整理をいたしました。
三菱UFJ信託銀行以外の信託銀行では、過去に届けていた株式取引の届出印で支障
なく素早く売却できました。
ところが三菱UFJ信託銀行は「お届け印と買取請求書の印鑑が違っている」と、拡大した
印鑑票写を入れて再提出を求めてきました。
私は人様に迷惑をかけない、経済の根幹である株式を50年間やってきました。
「株の届出印は昔の実印で間違うことはありません」と強く言って再度買取請求書を
送りましたが、時間がかかったものの今度は「売れました」と連絡が入りました。

私は、前述の枠貸し事件の経験で疑心を抱き、再度印鑑鑑定士に調査を依頼した
ところ、「間違いなく偽造である」との鑑定結果が出ました。
この時、私は、借り枠申請の際行員に勧められて担保に入れた11万株のその後の
運命が見えました。私の与り知らないところで担保の株券が売りさばかれていたのです。

銀行に担保として預けていても、配当は毎年株主に送られてきます。
しかし、途中から株式の配当がばったりと途絶えたのは、担保の株式が売却されたと
思っておりました。

定期預金100万円の解約出来ず、最近お金に困り端株を整理した時に発生したのが
まさかの株届出印の偽造です。
経済の根幹を支える個人の株式届出印を偽造するとは、人間としてあってはならない
ことです!国民の命を握る銀行行員としての常識と良心があれば、考えられない仕業です。

私は枠貸し5000万円の一件は上告しても、「裁判とは一審が全て」という専門家の

声も聞き、負けたと思っておりました。
しかし、神様が教えてくださった今回の株式印鑑偽造は、「あきらめるな!庶民を
苦しめ欺くメガバンクの闇を暴け!」との思し召しだと受け止めております。

思えば、十指にいたる同業者たちが、バブルの渦中で銀行から踊らされ、命を絶っ
て行きました。彼らのためにも私は戦います!
財務省ご管轄の天下の旧三菱銀行門真支店は、私の裁判と同時に守口支店と合併いたし

ました。門真支店内部の闇を消すための合併のようにさえ、私には映ります。
株の印鑑偽造の件は門真警察に通報しました。

私事ですが、信用・信頼の財務省管轄の三菱銀行古川橋支店の行員の不祥事により、
兄弟で開発・設立した世界のモンドセレクション大金賞受賞の富田の水の販売権を
喪失する。兄弟家族がバラバラになり、親子の断絶、三菱銀行の罪はあまりにも大きい。


バブルのため、倒産・自殺・死亡された 零細企業今回の証拠にふたをしないで下さい。

亡くなった仲間の為にも実印偽造・通帳印偽造・経済の株届出印の偽造・貸付書類
の捏造貸付書類の捏造は真摯な消費者を欺く詐欺行為、最も高学歴の銀行員の卑劣な行為

財務省の健在を示さなければバブル後遺症は消えません。宜しくお願い致します。
明治維新の為 シンガポールになれなかった日本。国民の命 金融と株式が最も大切です。
以後のさらなる内部調査を貴省のご指導のもと行なっていただけますよう、伏してお願い
申しあげます。
戦後70年・バブルの零細企業の悲惨な検証、証拠が証明された時、検証必須です。

平成27年4月20日
加藤 清

【お名前】 : 加藤 清
【年齢】 : 78
【性別】 : 男 (1)
【電話番号】: 06-6901-7643
【E-Mail】 : kk@katohouse.com
【住所】 : 大阪府門真市石原町21−3

=======================================
安倍晋三事務所
〒100-8981東京都千代田区永田町2-2-1
衆議院第一議員会館602号室
http://www.s-abe.or.jp/
=======================================


追伸

私事ですが、信用・信頼の財務省管轄の三菱銀行古川橋支店の、行員の不祥事により、


兄弟で開発・設立した世界のモンドセレクション大金賞受賞の富田の水の販売権を喪失する。


兄弟家族がバラバラになり、親子の断絶、三菱銀行の罪はあまりにも大きい。


バブルのため、倒産・自殺・死亡された 正直な零細企業、今回の証拠にふたをしないで下さい。


亡くなられた仲間の為にも銀行の実印偽造・通帳印偽造・経済の株届出印の偽造・貸付書類の捏造。


貸付書類の捏造は真摯な消費者を欺く詐欺行為、最も高学歴の銀行行員の卑劣な行為です。


財務省の健在を示さなければバブル後遺症は消えません。宜しくお願い致します。


バブル戦争・過去の過ちと向き合い謝罪と反省しなければ解決出来ない。


ドイツはナチスの戦争犯罪を徹底的に糾弾する事で過去としっかり向きあった、


その向き合い方をフランス等の戦勝国側も受容し、寛容な姿勢で和解に応じたといわれる。

戦後70年 戦後処理も同じ事がいえる 表裏一体の八咫烏に気を使う事なく過去の過ちと向き合う事が大切。


明治維新の為 シンガポールになれなかった日本。


国民の大切な命、金融と株式が最も大切な国民の命です、経済の株届出印の偽造・貸付書類の捏造。



以後のさらなる内部調査を貴省のご指導のもと行なっていただけますよう、伏してお願い申しあげます。


戦後70年・バブルの零細企業の悲惨な検証、証拠が現実に証明された時、国民の最も大切な命の金融の検証。


解決に直ぐ動かなければ民主主義の金融の世界ではありません。


昔アメリカの紙幣「ドル」が紙くずになると言われる、時代があった、しかし株式の「乱高下」で救われる。


  株式とは経済の根幹を担っているのです。株届出印、偽造とは大事件です。


  戦後70年、「国民の命」金融が崩壊されている 現在。



財務省・三菱銀行・八咫烏・ブラック金融・裏天皇から世界のユダヤに金が流れる。


現在も世界に流れる、日本の裏金は年間「一千兆円」とも言われる。国家予算100兆円。




  厳しく追い込まれる・中小・零細企業の命の金が吸い取られる。


過去の盛況の商店街がシャッター通りとなり年寄りの職場を奪い、年寄りが病気となる。



八咫烏とは神武天皇東征のとき、熊野から大和に入る険路の先導となったという、


  以後、天皇と八咫烏『知的暴力団」は表裏一体となる。



  和歌山県 熊野神社に行くと八咫烏がわかる。


 織田信長・宮様・嫌いで光秀に殺害されたと言われる。


 身近に、しのびよって来ている、国民の精神、現在。


国家とは精神的に人を殺しても、真の人殺しでないと事件にならない。


明治維新より・常識・教養・道徳心・歴史・良心が喪失されているから分からない。


「(地下ユダヤ社会が率いる。)日本」、このままでは争い好きのユダヤにお金が流れる。



日本のユダヤを検証しなければ、凶悪なイスラム国家に資金が流れる、織田信長となれ。


江戸時代まで日本の裏の支配者田族神様・明治維新より表裏一体の八咫烏となる。(大政奉還)


国会の伏魔殿 小沢一郎・潰して 橋下徹・を潰す 改革者を潰す日本に未来はない。


日本を追われた江戸幕府 理想の姿・シンガポール・軍事基地にはアメリカ艦隊も前を通れない。


そのため、皇位継承などの重要行事は別として、その他の神道行事については、


裏天皇が天皇に代わって神道儀式を祭司として執り行うことが必要になってきたのです。


この裏の天皇に率いられる組織が秘密組織八咫烏「ユダヤ『知的暴力団」なのです。


八咫烏――漢波羅秘密組織は、天皇の祭祀のいっさいを仕切るとともに自らも神道儀式を行うのです。


国会議事堂夜な夜な出てくる伏魔殿・安倍総理も官邸に引っ越し出来ないと言われる。


 日本に愛国心のある、知恵の塊・決断力・しがらみのない。


真実一路の「西 鋭夫」(としお)様を、総理大臣にすれば日本が変わる。



     韓国 映画「トイン」の様である。


財務省管轄の天下の三菱銀行(創始者・岩崎弥太郎)様に世話になる)表裏一体。天皇・と八咫烏・表裏一体・裏が分かる。


   数え切れない犠牲者を出した昭和天皇の戦争。


  零細企業を精神的に自殺に追い込んだバブル戦争。


 八咫烏・天皇の資産は 一京を凌ぐ 世界一と言われる。



三菱銀行、ネット上、金融業界に恐ろしい詐欺事件が蔓延されております。



 国民は、日々大変な時代に突入しております。官僚様には分からないでしょう。



物語にはすべて「裏・表」がある。昔の人々は裏の勉強から始めるから的を射る。


今はすべて素通り、 常識・教養・道徳心・が欠けているから分からない。


我が国を防衛するためには、・・・・・・・・・・・・


私は、幕末、明治維新の頃の物語はテレビ、雑誌を見聞きする事が好きです。

先生のおっしゃるとおり、私も、文化、風俗がガラリと変化する時、何かのバックには必ず、

大きなお金を動かす、スポンサーがいると思います。
しかし、そのスポンサーは、絶対にその存在を隠します。

また、お金の事について調べると必ずユダヤ人に突き当たります。

なので、ユダヤ人、ユダヤ教について調べると、キリスト教、イスラム教にも突き当たります。

日本人は、自然を神と崇める為、八百万の神が存在します。

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教などは絶対神であり、信じる神以外の神は存在しません。

取り止めのない話になりそうですが、ユダヤの歴史一つ見ても、かつてダビデ亡き後のイスラエル王国が分裂、

滅びた後、バビロン捕囚によって、ユダヤ教の経典が捻じ曲げられ、過激な教えとなったり、イスラム教もしかり。

キリスト教でも、宗教改革直前までは、とんでもない有り様だった。

何かこの世には、大きな団体をも動かす、大きなお金が存在していて、我々を、途方もない方向に導かれるような,

大きな何かがあるような気がします。

先生のお話は、他の団体などのサイトや、もともと龍馬が好きだったこともあり、

この謎には、以前から興味がありました。

私の推測です。龍馬は、その途方もない団体をスポンサーにし、利用して、日本に新しい政府を樹立し、

列強に屈しない国にしたかった。その為に古い幕府はいらなかった。日本の文化を守りたかったら、

倒幕が成った時点で、そのスポンサーを裏切るような行動に出た。つまり何かを画策した事がスポンサーに知れた。

だから暗殺された。本当はそれが知りたいところです。

先生も、くれぐれもお体大事に、日々研鑽を重ね、世界の謎を解き明かして頂きたく存じます。

レビューを評価してください

このレビューは参考になりましたか? はい いいえ



7 人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

真実を知る, 2015/6/4



By

yamaguchi hiroyuki


真実を知ること 正解を知ること 正義はどこにあるか 

西先生の講義で知ることが出来ました。私たちはもっと知る必要があります。

これからも西先生の講義をたくさん聴いて真実を知ることに努めます。

レビューを評価してください

このレビューは参考になりましたか? はい いいえ



25 人中、17人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。


  今回の事件で日本の裏の仕組みが鮮明に分かる。



財務省・三菱銀行・八咫烏「 政治秘密結社」・ブラック金融・裏天皇・ユダヤ・国民公庫 血も涙もない冷酷 政策金融公庫で有る。


  日本の裏社会 金融がつながっている、暴力団組織、零細企業・国民は厳しく大変である、何を信用する社会。

    

敗戦後 日本はがれきの中より 零細企業が歯を食いしばり立ち上げて来た日本、明治維新テロそのものを検証すべき日本。




 裏の支配者の為、官僚の作文が通らない、裏に天皇がいている為。と退職者官僚が言われている現実である。



   政府が興した「バブル戦争」一京と言われる天皇資産、バブルの検証が出来ない訳。


 
   ユダヤ・イスラム国家の恐ろしさを理解しない 日本国家 皇室の為!




憲法第19条では、「思想及び良心の自由は、これを侵してはなら ない」としております。

現在のコメント投稿件数:244
お名前:
アドレス:


2015/3/10  
現在のコメント投稿件数:14
お名前:
アドレス:


富田の水の更新記録
HomePage


Days Board 2 - Ver.1.3